バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

9月14日お誕生日の有名人:矢沢永吉様

ノンカテゴリ

9月14日お誕生日の有名人:矢沢永吉様
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

矢沢永吉様 お誕生日おめでとうございます。

矢沢 永吉(やざわ えいきち、1949年9月14日 )は、広島県広島市南区仁保出身のロックミュージシャン。
身長180cm、血液型はB型。

人物概要
愛称は「永ちゃん」「ボス」。ロゴマークの"E.YAZAWA"は商標登録されており(第1601017号ほか)Rが表示されている。

ファンが熱狂的であることで知られている。
2006年には、NHKスペシャルにて矢沢本人ではなくファンにスポットを当てた番組が放映された。
ほぼ全曲にわたる作曲、及び数曲における作詞を手掛ける。
クールス「紫のハイウェイ」など他のアーティストには「五大洋光」名義で楽曲を提供したこともある。

1975年のソロデビュー以降、特にテレビ媒体に露出することは少なかった。
1978年、資生堂のCMソングに採用された「時間よ止まれ」が大ヒットした際も『ザ・ベストテン』を始め、当時の音楽番組にはほとんど出演せず。
ラジオは1970年代に何度か出ている。
このため1980年2月10日に当時テレビに出ないと言われており、NHK教育の『若い広場』に出演した際は大きな反響を呼んだ。
同じ1980年に自身がCMソングを手掛けた「THIS IS A SONG FOR COCA-COLA」のCMには出演し、曲もヒットしたが、この時も音楽番組には出演しなかった。
ただ、CMソングは1976年9月のSONYラジカセ「リズムカプセル9000」から多数手掛けている。
近年のようにテレビ媒体に露出が増えたのは1992年に新発売されたサントリー缶コーヒー「BOSS」のCMに起用されてからである。

1980年代もテレビに出演することの少なかったが、ロックのカリスマのイメージを覆す冴えないサラリーマンを演じて世間を驚かせた。
1994年には『アリよさらば』でテレビドラマの主役を演じその後、ドラマ数本と映画に出演している。

活字メディアにもキャロル時代からしばしば登場した。
『週刊プレイボーイ』は、キャロル時代から矢沢を応援しており、誌面への登場はミュージシャンでトップの32回に及ぶ。
アルバム『Last Song』が発売された2012年夏には、多くの雑誌で表紙を飾った。

多くのアルバムをセルフ・プロデュースし、コンサートの興行や演出なども自身の会社が行い、自らがそれら全てを取り仕切る。
1960年代から活動してきたロック・アーティストで、今日まで第一線で活躍してきたアーティストは矢沢以外いないといわれている。

自らの奇想天外な人生を基に、数多くの名言を残している。
声以上の楽器はないと話しておりレコーディングの際には、ほとんど1テイクで完成することが多い。
2012年現在、楽曲数約400曲・ライブ総数約1800本・総動員数約600万人を超える。

オリコンアルバムランキングベスト10入り最多記録(51作)を保持。
オリコンDVDミュージック部門で最年長首位記録更新、60歳代での首位獲得は男女・洋楽邦楽含め史上初であった。
1970年代から1990年代までの3つの西暦10年代連続で、スタジオ・アルバム首位を獲得した男性ソロアーティストである。

1977年8月26日、日本人ソロ・ロックアーティストとして初めて日本武道館でコンサートを行う。
以降2016年まで武道館最多公演記録137回と更新中。
日本武道館を"ロックの殿堂"に押し上げる。

1978年、1980年、1982年で長者番付歌手部門第1位。
オリコンアルバムランキング最年長首位(63歳8ヶ月)を記録。
ソロ歌手史上初のインディーズ作品によるオリコンアルバムランキング首位を獲得。
1978年、資生堂のCMソングとしてヒットした「時間よ止まれ」が、2014年再び同社のCM曲として復活した。
ホットドッグプレスの1982年5月号の独占インタビューにおいて
「日本のミュージシャンはストーンズを観るべき。だが横浜銀蠅のようなガキは観てもダメ。坂本龍一とかは観たほうがいい」と辛口なコメントをしている。
同時に紅白歌合戦を「年越しそば歌合戦」と皮肉を込めて述べた。
2011年、ジョニー大倉への嫉妬心から、キャロル時代の映像が収録されている1973年の映画「番格ロック」のDVD発売を阻止したため、多方面から批判を受けている。
2015年12月2日にリリースしたライブDVD『ROCK IN DOME』が、同年12月14日付のオリコン週間DVDランキングにおいて総合1位(初登場)を獲得した(Blu-rayの売上枚数と合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも1位を獲得)。
また、前作『TREASURE BOX』で自ら樹立した“DVD首位獲得最年長記録”(2014年5月当時64歳8ヶ月)を66歳3ヶ月に自ら塗り替えた。

家族
前妻との間に2男1女、 現妻は米国人とのクォーターで、1女2男の父親でもある。また、娘の矢沢洋子は歌手である。
洋子とは、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」のCMで初共演した。

経歴
生い立ち ? 広島
母親は永吉が3歳の時、夫と息子を捨てて蒸発。
広島で被爆した父親とは小学校2年生の時に死別。
このため幼少期は親戚中をたらい回しにされその後は父方の祖母に育てられ、極貧の少年時代を過ごした。
この頃、近所の裕福な家の子供に「お前の家は貧乏でケーキなんか買えないだろう」とケーキの一部を顔に投げつけられるなどのいじめを体験した。
このような経験が積み重なり「BIGになる」との思いが芽生えたと語っている。
中学時代、ラジオから流れるザ・ビートルズを聴いてロックに目覚め、更にザ・ベンチャーズの広島公演に行ったことで感化され、スターになることを夢見るようになる。
なお矢沢自身後に郷里広島について「広島はいい街だが俺にとっては捨てた街。」と度々発言しており、
反体制を気取りながらも郷土愛を前面に出す他のミュージシャンとは一線を画す所を見せている。

横浜へ ? キャロル結成
1968年 - 1972年
高校卒業と同時に、トランクとギターとアルバイトで貯めた5万円を持って、広島から最終の夜行列車で上京する。
しかし、東京駅へ向かうはずだったが、長時間の移動で尻が痛くなったのと、
横浜とザ・ビートルズの出身がリヴァプールという同じ港町だったことから横浜駅で途中下車、チャイナタウンなどで働きながらバンド活動を始める。

自作の曲「アイ・ラヴ・ユー、OK」のテープを「ビートルズのレコードを出しているから」
という理由から東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)に持ち込んだが「売れない」と断られる。

「ザ・ベース」「イーセット」を経て、「ヤマト」を結成。
「ヤマト」には、後に「矢沢ファミリー」と呼ばれるNOBODYの木原敏雄(ギター)、大森正治(ドラム)がメンバーに名を連ねていた。
この頃、もう一人のNOBODYメンバーである相沢行夫とも知り合う。
「才能のない奴は去れ!」という考えから、無能なメンバーを切り離し、使える者をピックアップすることでバンドの能力向上を図った。
蒲田、川崎、横浜、横須賀などのライブハウスの「ゴールデンカップ」やキャバレー、兵隊の集まるゴーゴークラブで歌う。
「ヤマト」で芸能界デビューを望んでいたものの、様々な事情により解散。

1972年
矢沢が張り紙チラシで募集をかけ、ジョニー大倉・内海利勝・ユウ岡崎(この頃は別のドラム担当でユウ岡崎はデビュー後に参加)らと6月、ロックバンドキャロルを結成。
ボーカルおよびベースギターを担当。
当時は歌謡曲とフォークが中心でロックバンドが商業的に受け入られなかった音楽界に突如として現れ人気を博した。
活動は短期間であったが、後の日本のロックシーンに大きな影響を与えた。

様々な事件・騒動
山中湖の自宅取り壊し
山中湖に建てた自宅が無断で『アサヒ芸能』に取り上げられ、地図にも掲載された。
そのため、熱狂的なファンが連日連夜訪れ、周辺は大騒ぎとなる。
妻はノイローゼで入院一歩前、子供たちは登校拒否になり、しかたなく他の地区へ引越した。
その後、空き家となった住居に一部のファンが侵入し、スプレーで落書きや板を剥がしてのたき火、
無造作に残された女性下着など、悪質な行為がエスカレートしたため、自宅を取り壊すこととなる。

ポルシェ盗難事件
マネージャーによるコンサート売り上げ詐欺事件
そっくりさんによる3億円CM裁判
最終的に「肖像権を大切にしましょう」という共同提言を新聞に掲載した。
オーストラリアにおける事務所元側近による巨額横領事件

土地取引を巡り、34億円という巨額の経済事件となった。
1998年に事件が発覚して6年で完済したと報道されているが、「実際は15、6年かけて返済していた」と後に語っている。
これはオーストラリア犯罪史上2番目の被害額である。

サントリー「BOSS」CM自粛
サントリー「BOSS」CM中のセリフ「夏だからってどこか行こうってのやめましょうよ…どこ行ったって夏なんですから…」に、長野県の旅館経営者が抗議し、CMは自粛となった。
次回のCMではセリフが「冗談じゃねえよ」となった。
桑田佳祐による「すべての歌に懺悔しな!!騒動」
1994年に桑田が発表した楽曲「祭りのあと」のカップリング曲である、「すべての歌に懺悔しな!!」の歌詞を巡り、
マスコミによって長渕剛と共に桑田に揶揄(やゆ)された当事者とされた。
この際、激怒した長渕とは対照的に「お互いクリエイター。全然、気にしていないよ。それより桑田君の方は大丈夫か?」と逆に桑田を気遣う発言をした。

キャロルの著作権を巡るジョニー大倉との争い
ものまねタレントへの提訴
2007年、ものまねタレントの石山琉大が、「矢沢永吉が唯一認めた」というキャッチコピーを自身の公式ホームページに記載し、
ものまね芸および自身の経営する飲食店の広告・宣伝のために矢沢の知名度を利用した。
しかし、石山自身の借金がたまり、イベント会場を借りたが支払いもせず、車販売などでもトラブルを次々起こす。
石山のビジネスには何ら係わりのない矢沢の事務所にも被害者から苦情が舞い込むことがしばしば発生したため、
業を煮やした矢沢側が石山を相手に1000万円の損害賠償を求めて訴訟を起こした。
すると石山は、矢沢側からの損害賠償の訴えが精神的苦痛になったことを理由に、矢沢に対して1億円の賠償を求める逆訴訟を起こした。
代理人を通し、矢沢は石山に誠意を込めて謝ってほしいと譲歩を示したことで石山側が折れた。
石山から謝罪文書と50万円を受け取った。
しかし、後に“石山が和解に納得していない”という内容のコメントを矢沢が自身のHPに掲載したことで、再び関係が悪化、
2009年10月19日に石山は名誉棄損を主張して矢沢に対して3000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたが、2010年3月25日、全て棄却された。

上述のような逆境に見舞われたが、CMやテレビドラマ、映画への出演により2005年までに借金を完済し、東京・赤坂の一等地に5階建てのスタジオを建設するまでに至る。
なお本人はその件に関し「また新たなローンが出来てしまった」と笑い交じりに話している。
金融機関から「あなたは返済の優等生ですよ」と評価されているという。

音楽性
特徴
団塊の世代であり、特にザ・ビートルズの影響を強く受けている。
最初にプロデビューを飾ったキャロルは、初期ビートルズを模範としたロックンロールをベースにしたもので高い人気を誇った。
矢沢は「あと3年、キャロルを続けたかった」が、他のメンバーとの間に大きな溝が生まれ解散に至った。

キャロル解散の後、ソロ活動を始めたが、バラード色を強く押し出した曲調に戸惑いを感じるファンは少なくなかった。
1975年9月21日、ロサンゼルスレコーディングによるアルバム『I LOVE YOU,OK』及び、シングル「アイ・ラヴ・ユー、OK / セクシー・キャット」でソロデビュー。
本アルバムでは、当時まだ日本では珍しかったセルフプロデュースを行い、アレンジも同時に行うというセルフプロデュース方式をとった。
外国でアルバムを録音し、外国人のプロデューサーを起用するという、現在では当たり前の手法を行った。
『I LOVE YOU,OK』をつくり終え「俺はバンドのなかの矢沢永吉と決別して、ひとりでやっていけるかもしれない」という手応えを得る。
海外レコーデイングの成果に一つにアレンジの習得がある。
アレンジーつによって原曲がいろんな顔に変わることに驚いたと述べている。
1980年代前半には、レコーディングに参加したドゥービー・ブラザーズのメンバーらを連れてコンサートを行った。

39歳前後のインタビューで「オレは生涯ロックし続けるんだ」という意味のことを繰り返し語った。
当時、既にロック界の顔役と言っていい存在であった矢沢に対し、世間が「大人の音楽」を求めたことに対する反発もあったが、
当時の日本では40代?50代になって一線で活躍するロックシンガーは見当たらず、結果的に矢沢がその道を切り拓くことになった。

主に矢沢の音楽活動は、キャロル時代から現在まで、歌番組への出演は極力控え、ライブ・パフォーマンスに重点を置く姿勢を貫いている。
毎年欠かさず全国ツアーを行い、大都市圏のアリーナ、スタジアム会場だけでなく、地方都市の市民会館などにも訪れている。

マイクスタンドを振り回す独特のアクションは「マイクターン」と呼ばれ、ソロ・デビュー当時からライブでの見せどころの一つである。
ソロデビューした時にベースを弾くのを止めたら、触るものが無くなって手持ち無沙汰になり、ある日、マイクを蹴って、スパーンと決まった。
自身もびっくりしたが、観客もびっくりした。
「あっ、これはいいな」と気づいて始めた。
白い特製のマイクスタンドを使い、マイクは動かないように白いビニールテープで固定、シールドコードも白色に統一してある。
ステージ衣装も白のスーツを着用することが多く、ライブ中盤から終盤にかけて矢沢タオルを肩にかけて登場する。
コンサート終盤には楽曲(「止まらないHa?Ha」「トラベリン・バス」等)に合わせてタオル投げが会場全体に起こるのも大きな特色の一つである。
この「タオル投げ」は、客側から「トラベリン・バス」演奏時に自然発生で起こったのが最初であるという。
自身が「EX テレビ(1992年)」の中でも語った。また、いちはやく舞台装置にレーザー光線や可動式ライトなどを使用した。
コンサートの広告には、現在に至るまで「特攻服での入場はお断りします。また、他のお客様を威圧する服装・集団も入場をお断りすることがあります」という文言が入っている。キャロル時代から始まり、1975年のソロデビュー以降、1980年代にかけても[5][71]、矢沢は暴走族やヤンキーなどの不良層から支持を受けており、それゆえコンサート会場周辺は毎年不良の集会と化し、血の気の多いファン同士の乱闘もしばしばでカオス化、社会問題にまでなり[71]、一般のファンが近寄り難かったためである[5][8]。1980年前後もフォークはいいがロックには会場を貸さない[5]、洋楽アーティストだったらどんなバンドでもOKなのに「矢沢はNG」という会場が多かった[72][73]。1980年前後によくいわれたのが「会場拒否」だった[8]。落ち着いたのは1990年代に入ってから[71]。また、過去の迷惑行為の多くが飲酒者によって引き起こされていたため、現在では入場時、アルコールチェックが行われ、飲酒者を締め出している。
1978年刊行の自伝「成りあがり」で綴られたサクセスストーリーは、社会現象を巻き起こす[74]。当時は「音楽をやってる人間が銭金の話をしてはいけない」みたいな風潮があったが、矢沢ははっきり「カネが儲かると聞いたから歌手になった」と話した[74][75]。

自身をシンガーソングライターではなくメロディーメーカーであると自負をしており、作曲のみを行っている。
作詞をしないのは「才能がないから」としている。
1980年代のインタビューでは、洋楽ロックをお手本に「パクリ」を繰り返している同業者を「軽蔑してるね」と批判している。
「ロックに詳しい層から見ればダサいモノであっても、本当に自分の内面から生み出した音楽をやる。
そうでなければ、恥ずかしくて人前に出られない」「僕はなにひとつ、つくらなかった(捏造しなかった)」という趣旨の発言をしている。
近年は大人の切ない世界観を渋く重厚に歌い上げ、自分自身の音楽性をクラシックロックとして、芸域を拡大し、新たな市場を開拓していった。
巻き舌でコブシを利かせた歌い方は、一部には「演歌ロック」との評価もあった。
チェコ・ナショナル交響楽団をバックバンドに招聘し、「Rock Opera」を開催した。

功績
ロックのメジャー化
独立独歩のステータスの確立という点に於いて、矢沢は現在のロック系大衆音楽界ビジネスの開祖的存在である。
キャロル時代のロックのメジャー化に加え、ソロシンガー・矢沢永吉としての先駆的業績は1977年から1978年にかけてのものが大きい。
1977年8月26日、日本人ソロ・ロックアーティストとして初めて日本武道館公演。
1978年3月21日に発売した資生堂CMソング「時間よ止まれ」がオリコン1位を獲得しミリオンセラーを記録。
「時間よ止まれ」の大ヒットからロック系楽曲のヒットラッシュが始まった。
「時間よ止まれ」がオリコン1位を獲得した1978年6月は、アルバム『ゴールドラッシュ』もオリコンアルバム1位で、シングル・アルバムとも矢沢が一位を独占した。
またこの年12月に出したライブ・アルバム『LIVE 後楽園スタジアム』もオリコンアルバム1位を獲得している。
同年5月長者番付(1977年度納税分)歌手部門で、ロック歌手として初の歌手部門第1位を獲得。
1980年と1982年にも1位となる。ロックミュージシャンとして初の1位獲得はそれまでの日本のロックミュージシャン像を打ち破った。
当時のロックミュージシャンは「食べられない」「女のヒモ」というイメージであったため、各新聞や雑誌メディアも大きく報道した。
自身では「ジャパニーズロックの転機だったんじゃないか」と述べている。
7月15日に刊行した自伝本「成りあがり」は、同年12月までに18刷60万部を売り上げ版を重ねて100万部をえるベストセラーとなる。
矢沢は、音楽スタイルの表面的な部分だけでなく、ロックという生き様を体現した[85]
8月28日には後楽園球場コンサート。
ロックの単独公演で5万人を集めて、この日、ロックはついにメジャーになったとも評された。
このコンサートは、日本のミュージシャンによるスタジアム・コンサートの先鞭をつけた。
後楽園球場コンサートを控えた1978年当時の雑誌インタビューで矢沢は
「トータル性を備えた、実としてのロックは俺から出たと思う。俺がソロになった時から」と自身が、日本のロックの実質的な始祖であると言い切った。
1978年、矢沢の名は全国に広まり、アメリカン・ドリームならぬジャパニーズ・ドリームという夢をキャロルを知らない世代にまで与えた。

出典:画像、プロフィール:タレントデータバンク ウィキペディア goo

矢沢永吉様の今年の運勢は?

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

【稼げるインターネットビジネス最新情報はこれだ!】 バナー4 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう