バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

2月20日お誕生日の有名人:志村 けん様

ノンカテゴリ

2月20日お誕生日の有名人:志村 けん様
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

志村 けん様 お誕生日おめでとうございます。

志村 けん(しむら けん、1950年2月20日)は、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者。ザ・ドリフターズのメンバー。
イザワオフィス所属。旧芸名および中国語での表記は、志村健。本名は、志村 康徳(しむら やすのり)。

来歴

1950年、小学校教諭であった父親の三男として東京都北多摩郡東村山町(現:東村山市)に生まれ、厳格な家庭に育つ。
二人の兄たちが大学を卒業して公務員になった中、末っ子の彼だけが全く異なる人生を歩むこととなった。

幼い頃、厳格な父親の支配する家庭はいつも重苦しい雰囲気に包まれていたが、
当時まだ珍しかったテレビのお笑い番組で漫才や落語を見ていた時だけは、嫌な日常を忘れることができた。
その時だけは、厳格な父親も笑いをこらえながらテレビを見ていたという。
そのような体験から、お笑い芸人の世界に憧れを抱くようになり、中学時代から本格的にお笑いを仕事とすることを決心したという。

東村山第二中学校時代は文化祭でよくコントを披露していたといい、所ジョージ(隣市・埼玉県所沢市出身)の遠戚とバンドを組んだこともあった。
その後、両親の方針で「お金がかからない都立に行け」との理由から、新設された東京都立久留米高等学校に進学し、同高の第1期生となる。
志村の中学校から同高を受験したのは志村を含めて13人で、教師からは「志村は無理だろう」と言われたが、合格したのは志村1人だけであった。
同高ではサッカー部に所属し、GKとして在籍した。

付き人からドリフ入り

1968年2月、高校卒業間際にいかりやの家へ直接押しかけ弟子入りを志願する。
由利徹やコント55号とザ・ドリフターズ(以下ドリフ)のいずれに弟子入りするか迷ったが、音楽性の面からドリフを選んだ。
雪の降る中、いかりやの帰宅を12時間ほど待ち続けるも、門前払い同然の扱いで、容赦なく突き放されたが、それでも食い下がったため根性を買われ、
「バンドボーイ」が辞めてメンバーに欠員が出たらという条件で仮採用された。
いかりやは後に「帰宅すると勝手に居ただけで待っててくれと言った覚えはない」と語った。
一週間後に呼び出された後楽園ホールでいかりやから正式に採用を告げられた志村が「じゃぁ(高校)卒業したら来ます!」と答えると
「バーカ。明日から行くんだよ青森に!」と言われ、翌日から青森巡業などへ同行させられるなどすぐに多忙となり、
高校卒業式は当日の午前中だけ時間を貰い慌ただしく式に出席し、仕事に戻ったという。

加藤茶の付き人となるが、1年余りで一度脱走 し、バーテンダーなどのアルバイトをしたりしていた。
仲間が伝えるのを忘れたせいで脱走したとメンバー内で騒がれていた。
戻ってくる時はいかりやの家に行きにくかったので、加藤の家に行って頼み、いかりやへ口添えしてもらったところ、
「2度も弟子入りするやつはよくよく好きなんだろう」と出戻りを認めてくれた。
その後、しばらく加藤の付き人兼加藤家居候となる。
当時志村は運転免許を持っていなかったため、無名の付き人だったにもかかわらず、当時国民的人気者の加藤が運転する車の助手席にふんぞりかえったまま帰宅し、
加藤を差し置いて母親に晩御飯を用意してもらったり、先に風呂に入ったりという非常識っぷりを見せた。

1972年、22歳の時に井山淳とお笑いコンビ・マックボンボンを結成し、芸能界デビュー。
井山のボケに対して、志村が立ったままの姿勢から足で顔面にツッコミを入れるなど、身体を張ったネタを披露し、歌謡ショーの前座として人気を獲得していく。
10月には早くもコンビの名前を冠したテレビ番組『ぎんぎら!ボンボン!』(『シャボン玉ホリデー』の後番組で、後に『シャボン玉ボンボン』に改題)に出演が決まり、
幸運なテレビデビューとなるが、知名度の低さ、ネタの少なさもあり人気は低迷(いかりやはテレビのレギュラーが決まる前からそのことを危惧していた)。
12月31日放送分で番組は打ち切りとなり、この時点で井山が脱退(失踪)。
コンビはその後、自衛隊出身の福田正夫を相方に迎え心機一転を図るが、
福田はそもそも芸能界志望ではなく、ネタ合わせもまったく身が入らない有様で、
結局、自然消滅へと向かう(この頃の芸名は「志村健」の表記が多かった。なお「志村健」の芸名は、現在台湾で使用されている)。
志村はその後ドリフターズの付き人に戻り、1973年12月、「メンバー見習い」の扱いでドリフに加入する。

1974年3月31日をもって荒井注が脱退し、4月1日に正式にドリフのメンバーとなる。
この時、いかりやは自分や荒井と同年代の新メンバーの加入およびすわしんじの昇格を検討していたが、加藤の推薦により若手の志村が起用された。
当時、志村は24歳だった。

エピソード

音楽

ソウル・ミュージック、ファンク、ジャズなど、あらゆる分野の音楽に興味を示し、自宅には膨大な数のレコードやCDのコレクションがある。
「ヒゲダンス」で使用されたBGMがテディ・ペンダーグラスの「Do Me」のリフをループしたものであったり、
「ドリフの早口ことば」が当時、渡辺音楽出版が発売権を買い付けたシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」の印象に、
ウィルソン・ピケットの「Don't Knock My Love」のバックトラックをはめ込んだものであったりしたが、
これは当時ソウル・ミュージックを好んで聴いていた志村が探し出して推薦したものである。

更に志村加入後に発売されたドリフターズのシングル「ドリフのバイのバイのバイ」では、志村によるソウルフルな合いの手も聞かれる。
また、かつて音楽誌『jam』でソウル・アルバムのレビューを書いていたこともある。

ドリフにおける担当はキーボード。
過去のバンド演奏でキーボードを弾いている姿が見られる。
しかし、高木ブーは「ギターだった俺が荒井の担当だったキーボードになって、ギターしか弾けない志村がギター担当になった」と発言している。
番組内でビートたけしのタップダンスに合わせて三味線を弾いたり、コントで霊媒師を演じた時には琵琶でギターのテクニックの一つであるチョーキングを披露するなど、
元々のバンドマンとしての技能が見られる。

なお、『志村けんの全員集合 東村山音頭』はザ・ドリフターズ名義の曲として、唯一加藤以外がソロボーカルとなる曲である。

中学以来のビートルズファン。
このためか、中学時代に畑でバンドをやっていたという。
ビートルズの日本公演を観に行った際、持参したカメラで1枚のみ隠し撮りをしており、その写真をパネル化してテレビ番組で公開したことがある。
その写真ではジョン・レノンが丸いサングラスをかけており、1966年7月2日公演と分かる。
同日の公演は、音源・映像とも、公式には一切収録されていない。

近年は津軽三味線を趣味としており、上妻宏光の指導を受けて短期間で上達、舞台(『志村魂』など)の後半で度々披露するようになっている。
きっかけは、上妻の楽曲「紙の舞」を聴いて感銘を受けた志村が、その曲が弾けるようになりたいと上妻に指導を頼み込んだことにある。
当初、上妻は「紙の舞」は非常に高度な技術が要求されるため、志村には基礎的なじょんから節から教えようと思っていたにもかかわらず、
予想を超えるスピードで志村が「紙の舞」を習得してしまったという逸話がある。
志村は、この上妻の楽曲「紙の舞」を舞台で度々演奏する。

出典:画像、プロフィール:タレントデータバンク ウィキペディア goo

志村 けん様の今年の運勢は?

無料で【青龍】のLINE@に登録をしてプレゼントをお受け取り下さい。

298000円相当のメールアドレス収集ソフトを期間限定無料プレゼント中!

「@ogc1032h」をID検索(@をお忘れなく)または

追加されたらあなたのお好きなスタンプを私に送ってくださいね♪

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

【稼げるインターネットビジネス最新情報はこれだ!】 バナー4 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう