バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

12月7日お誕生日の有名人:古舘 伊知郎様

ノンカテゴリ

12月7日お誕生日の有名人:古舘 伊知郎様
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

古舘 伊知郎様 お誕生日おめでとうございます。

古舘 伊知郎(ふるたち いちろう、1954年12月7日)は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。
元テレビ朝日のアナウンサーで、フリーになってからはニュースキャスターも務めた。
古舘プロジェクト所属。

経歴
東京都北区出身。
北区立滝野川第二小学校、千代田区立今川中学校(現:千代田区立神田一橋中学校)、立教高等学校(現:立教新座高等学校)、立教大学経済学部経営学科卒業。
1977年、全国朝日放送(現:テレビ朝日、採用試験時はNETこと日本教育テレビ)にアナウンサーとして入社。
面接にて広辞苑の丸暗記という特技を披露し、採用される。
同年7月には『ワールドプロレスリング』担当に配属され、越谷市体育館での長州力VSエル・ゴリアス戦で実況デビュー。

人物・エピソード
古舘の独特の語り方は「古舘節」と呼ばれる。

生年月日が1954年12月7日であるが、その約10か月前の同年2月19日は「力道山・木村政彦VSシャープ兄弟」の試合が街頭テレビで放送され、日本中が熱狂した日であった。
そのため古舘は父親に「親父はこの日にやったのか?」と訪ねたところ「試合を見たのははっきり覚えてるが、その日にやったかは覚えてない」と言われたという。
そのため確定はしていないが、古舘は一応この日を「自分が受精した日」としている。

母親と実姉は喋り達者であり、古舘は喋る隙さえ与えられず無口な少年だった。
古舘は小学生になっても人前で喋ることが苦手、朗読の時間は寝たふりをしていた。
小学生の頃、健康優良児を目指して食べまくった結果”無口のデブ”になった。
いつになっても越えられない優秀な実姉へのコンプレックスから出会ったのがプロレスであり、
200名以上のプロレスラーを丸暗記、そこに立ちはだかったのが母親で外国の俳優・女優の名前を全部暗記していた。
こうして始まったのが、どちらかが言えなくなるまで続ける映画俳優vsプロレスラ-の記憶勝負、この対決が喋ることへの目覚めだったとしている。

いずれも立教大学の先輩である徳光和夫(元日本テレビアナウンサー)やみのもんた(元文化放送アナウンサー)に憧れてアナウンサーになった。
アナウンサー希望で就職活動を始めた頃にNHKの就職試験を受けたことがある。古舘が得意とするユーモア実況の原点は徳光だという。

中学校に上がった古舘はみのに憧れるようになっていた。
彼のように喋れるようになりたいと、みのの母校・立教高校を目指し猛勉強、合格を果たした。
ある時、みのと会える機会があり「君なら絶対にアナウンサーになれる」と適当にあしらわれた言葉をかけられたが、古舘にとっては人生を左右する一言となる。
テレビ朝日内定後、古舘はみのが所属していた文化放送に通い、みののカバン持ちをして彼の技を盗んでいた。

テレビ朝日入社から半年が経過した1977年初夏、古舘はプロレスの実況に大抜擢され、迎えた放送日、テレビから流れる自分の声を聞き、その当時の感動は忘れらないという。

テレビ朝日退社からしばらくした後、偶然にも局アナ時代に世話になった先輩とすれ違うと「お前、絶対に3ヶ月で潰れるからな」と言われた。
厳しい一言だったが古舘の糧となり、悔しさをバネに必死に仕事を掴んだとしている。

フリー転身を決めたのは、「自己評価と他者評価の違い」と述べている。

1984年2月11日、前年の引退からの復帰を宣言していた初代タイガーマスクが興したタイガージムのジム開きパーティに、
「年来の友情」から、アナウンサーの立場を離れた「個人の資格」で参加し、司会を務めた。
ザ・タイガーへの改名や、山崎一夫の新日本プロレス離脱&インストラクター就任などがその場で発表されたのだが、古舘の出席はテレビ朝日でも新日本も問題視しなかった。
これは、テレビ朝日退社が既に公然の事実だったのと、「古舘は新日本および猪木に対して不利益なことはしないだろう」という信頼感による部分が大きかった。

1986年1月1日放送のフジテレビ『初詣!爆笑ヒットパレード』でヘリコプター中継を担当。
当時のテレビ朝日本社に差し掛かった場面において、「『ニュースステーション』をくれ」と述べた。

実姉のことを幼少時から憧れ、アナウンサーの道に導いてくれたとしている。
なお、実姉もアナウンサーを目指していた。

1991年、古舘の実姉が癌で他界する不幸に見舞われた。
この時、それまで特に親しくなかった逸見政孝(元フジテレビアナウンサー)は、
フリーアナウンサー同士で身内を癌で亡くしたという同じ経験を持つことから古舘にお悔やみの手紙を送った。
ここから2人の間に交流が生まれ、逸見が癌で闘病中、古舘が日本テレビ『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』の司会を代行している。
なお、逸見からは会見前に自身が癌であることを古舘に伝えられていた。
告白を聞き、何も言えなかったという。逸見の見舞いにも訪れたとしている。

2012年5月28日、自身の母親が死去した。実姉と同じく癌によるものだった。
古舘は母親の入院先は実姉の入院時と同じ病院を選んだ。
実姉の癌が発見される前、体調不良を訴えて違う病院で診察を受けていたが、
何度通っても返ってくる答えは「大丈夫」という言葉だけで「おかしい」と思ったら別の病院に切り替えたところで癌と分かった。
発見が遅すぎたため「最初からその病院だったら姉は死なずに済んだかもしれない」と後悔していたことにもよる。

『報道ステーション』で多忙を極める中、実姉の時以上に、献身的に看病したという。
同日夜、『報道ステーション』開始の数時間前に母親は息を引き取り、古舘は番組の打ち合わせ中にこれを局内で聞いたという。
このため、実姉の時と同様、仕事で母の最期を看取ることはできなかった。
その直後、母親が亡くなってから数時間後に始まった『報道ステーション』の生放送では、いつもと変わらぬ様子で、淡々とニュースを伝えた。

中学時代からの吉田拓郎のファン。
拓郎とは自身が司会を務めた『おしゃれカンケイ』(2000年6月18日)で共演した。

THE ALFEEの高見沢俊彦とは親友で、高見沢は古舘のことを「いっちゃん」と呼んでいる。
「古舘伊知郎のトーキングブルース」のステージで使用する楽曲の提供を毎年行っており、それらをまとめたCDアルバムが発売されている。
また、テレビ朝日時代の同期の南美希子も古舘のことを「いっちゃん」と呼んでいる。
また、『夜ヒット』で司会コンビを組んだ芳村真理や加賀まりこからは「伊知郎さん(または伊知郎ちゃん)」と呼ばれている
(ただし両者共にこの呼び名で古舘を呼ぶのは番組出演以外の場のみで番組共演時は主に「古舘さん」の呼称を使っていた)。

叔父は、ラジオ時代の大相撲中継のアナウンサーだった。その叔父に憧れてアナウンサーの道を進んだという。

1994年・1995年の紅白において、両組司会コンビを組んだ上沼恵美子とは、この共演が原因で確執が生じたとされる。
1996年の紅白における両軍司会もこの2人を起用する方向で話が進み、古舘は続投したが、上沼は古舘との確執を理由に拒否したと伝えられている(紅組司会は松たか子に交代)。

2003年、『ニュースステーション』のメインキャスターを務めた久米宏は「後を受け継ぐ古舘さんに何かメッセージありますか?」と記者に尋ねられた際(久米の『ニュースステーション』降板表明会見より)、
「いや、番組はなくなるって聞いていますから。存在しない番組に司会者が存在するわけないでしょ」と回答した。
これに対し古舘は『AERA』のインタビューで「(久米を)冷たい男だなと思いましたけど」「それから久米さん嫌いになったんですけど」と述べた。
その後には「半分は大先輩だと思って尊敬している。
半分は嫌いっていうところに落ち着くんだけど」と語った。
ただし、その後久米は「いかにつらいか、大変さが手に取るように分かる。(最近は)見ていないけど、無意識のうちに避けているのかもしれない」
「自分は家を土台から造った。自由に造って来た。でも、彼はその土台を壊す事をさせてもらえずに、建物を造る様にさせられている。その事に苦労していると思う」と古舘を気遣うコメントをしたことがある。
また、久米は「古舘君をはじめ、かなり人が勘違いしている。僕が『ニュースステーション』でかなりしゃべったというイメージを持っている方が多いんですが、
ほとんどのニュースに関して、リード原稿は僕が読んでいたんです。僕が原稿を読んでいる時間が結構あったのを、フリートークだと思い込んで見ていた人がかなり多かった。
このぐらいの時間、しゃべらないといけないんじゃないかと、後任者が思い込んだ可能性はあるんです。
僕が本当にフリートークで話した時間は、短い時は2秒ぐらいですからね」とも述べている。
2015年3月27日放送分の『報道ステーション』で発生し、問題視された古舘と古賀茂明のやり取りについて、久米は古舘に対する批判とも取られる発言を行った。

本人が1番好きなテレビ局は古巣で『報道ステーション』を受け持ったテレビ朝日だと発言している。
なお、テレビ朝日を退社した際、局内から一切引き止めがなく、寂しい思いをしたと語っている。

2005年4月 - 2016年3月に古舘が『報道ステーション』以外の番組への出演をほとんど行わなかった理由について、
テレビ局関係者は「報道キャスターというイメージを守らなければならないなど様々あります。
売れっ子である古舘を1番組だけに絞られると、当然、事務所側としては収益が少なくなる。
その見返りとしてなのか、事務所が丸々『報ステ』の制作を請け負っている。
これは、事務所にとっては大きい。所属事務所の「古舘プロジェクト」は、構成作家など制作陣も抱えていますからね。
1回の放送で3000万?4000万円、事務所に入っているのではないでしょうか。
一説には、6000万円という声もあります。ロケからニュース原稿作りまでほとんど事務所所属スタッフを使っていますからね。
だから、古舘は他の番組をやる必要がないわけですよ」と語っていた。

『報道ステーション』を受け持った時期の年収は、同番組以外からの物を含めて5億円程度とされる。12年間でのギャラ総額について、本人曰く「世田谷、一等地、50軒位」。

古舘が認める1番の司会者はみのもんたである。
また、一目を置いている後輩アナウンサーはTBS所属の安住紳一郎であり、自分に出来ないところを多く見せてくれるとし、
『ぴったんこカン・カン』では人気番組にも関わらず冒頭でゆっくり喋り視聴者を焦らす、これは自身にも出来ない調整だという。
また、「みのもんたの2世」として名前を挙げているのは宮根誠司で、あざとさは誰にも真似出来ないと話す。

「夜寝る時最後に思うことは何ですか?」との問いに「明日目が覚めた時には本当に感謝しようと思っている」、
「どんな死に際がイイですか?」との問いに「死ぬ時は、自分で小さな声で実況したい」と発言。

寝る前の1時間だけテレビを観ようという時には面白い番組を観てしまうと寝れなくなってしまうので、CSチャンネルの中から最も興味のない映画を探して観るという。
飽きるとルールを知らない囲碁の番組を観るという。

『フルタチさん』初回放送の企画で脳の科学的分析を行ったところ、脳画像診断医の加藤俊徳に、お喋りの中枢と言われる「ブローカ野」が発達していると言われる。
同箇所の断面積が通常の2倍あることが明かされ「ブローカ野が筋肉のように発達している」と加藤は述べた。
ただ、整理整頓が苦手で方向音痴という分析結果もあることも明かされると、
古舘は頷きながら「整理整頓しているうちに何しているか分からなくなる」と弱点も認識しているとした。

出典:画像、プロフィール:タレントデータバンク ウィキペディア goo

古舘 伊知郎様の今年の運勢は?

【無料ビジネス情報】

無料で【青龍】のLINE@に登録をしてプレゼントをお受け取り下さい。

298000円相当のメールアドレス収集ソフトを期間限定無料プレゼント中!

「@ogc1032h」をID検索(@をお忘れなく)または

追加されたらあなたのお好きなスタンプを私に送ってくださいね♪

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法