バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

11月8日お誕生日の有名人:アラン・ドロン様

ノンカテゴリ

11月8日お誕生日の有名人:アラン・ドロン様
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

アラン・ドロン様 お誕生日おめでとうございます。

アラン・ドロン(Alain Delon、1935年11月8日)はフランスの映画俳優。
1960年代から1980年代初めにかけ美男の代名詞的存在だった。
身長184センチメートル。

来歴
出生

1935年11月8日パリ郊外のオー=ド=セーヌ県ソーで生まれる。
父は小さな映画館を経営、母は後に結婚するナタリーと雰囲気の似た美人で、薬剤師の資格を持っていた。

4歳で両親が離婚し母方に預けられるも、再婚したシャルキュトリ(ハムやソーセージなど豚肉加工品専門の食品店)の義父と合わなかったこと、
そして母親が新たに生れた娘(エディット)だけを可愛がったためにアランはのけ者とされる。
さらに追い討ちをかけるように実父も再婚、息子ジャン=フランソワ(後にアランの映画の製作に参加)が生まれていた。
それら家庭不和による愛情不足のため、女生徒とたびたび問題を起こして寄宿学校を転々とし、最終的には感化院に入れられ、一時的に鉄格子生活を経験するはめにもなった。
その後14歳より前述の食品店で働き始めた。

自分の居場所を求めていたアランは苦肉の策としてフランス海軍へ志願。
未成年者は保護者の承諾が必要だったが、母は義父の言うがままに承諾した。
この一件で、母への憎しみが根深く残ることになり、次第に女性不信という形で表れていった。
こうして17歳で入隊し、マルセイユより貨物船に乗せられ、カービン銃の扱いだけを教わって第一次インドシナ戦争へ従軍することになった。
1955年、休戦協定によって20歳で無事除隊後はアメリカとメキシコを放浪、1956年に帰国後はパリのモンマルトルなど方々を転々とし、サン=ジェルマン=デ=プレに落ち着いた。

銀幕へのデビュー

翌1957年の夏、女優のブリジット・オーベールから
「カンヌで映画祭が開催されるから、ぶらぶらしてみたら? あなたほどの美貌なら、監督の誰かから声が掛かるかもしれないわよ?」と言われた。
それがきっかけで、帰国後パリで知り合ったジャン=クロード・ブリアリと2人で、暑かったので上半身裸のままカンヌを歩いてみると、
過去にロック・ハドソンを発掘したハリウッドの一流エージェント、ヘンリー・ウィルスンに「君はいい体をしている…」とスカウトされた。
その3日後にローマのチネチッタ撮影所にて、映画『武器よさらば』撮影中のデヴィッド・O・セルズニックのスクリーンテストを受け合格し、
アメリカ合衆国での成功に太鼓判を押され、英語の習得を条件に7年間の契約を持ちかけられる。
しかし「私はフランス人なので、まずはフランスで勝負をしたい」と保留、女優エステラ・ブランの紹介で、イヴ・アレグレ監督の『女が事件にからむ時』
(共演:ジャン=ポール・ベルモンド)でデビューした。

1959年、『恋ひとすじに』で共演した西ドイツの若手スター、ロミー・シュナイダーと同棲し婚約するも、1963年に破棄。
1960年、ルネ・クレマン監督『太陽がいっぱい』に主演。
ニーノ・ロータの曲と共に大ヒットし、世界的にその名を知られる。
その後もクレマン監督作品など、数多くのフランス映画・イタリア映画・アメリカ映画に出演し、自身が出演する作品のプロデュースも手がけるなどして活躍。
ルキノ・ヴィスコンティ監督の『若者のすべて』にも出演している。
その後も『シシリアン』『冒険者たち』『さらば友よ』『暗黒街の二人』『ボルサリーノ』『栗色のマッドレー』
『地下室のメロディ』『レッドサン』『友よ静かに死ね』『ショック療法』『ル・ジタン』『アラン・ドロンのゾロ』ほか多数の映画作品に出演した。
他には、ドロンがトロツキーを演じた珍しい作品も存在する。
ジョゼ・ジョバンニ監督との名コンビは、よく知られている。
音楽活動では1973年に、ダリダとアラン・ドロン『甘い囁き』がヒットした。

私生活:女性遍歴

ロミー・シュナイダーと破局した後には、1963年、ナタリー・バルテルミー(のちナタリー・ドロン)と出会う。
ナタリー(本名はフランシス・カサノヴァ)はモロッコのカサブランカ出身で、育った境遇が似ていたことや、人生経験豊かなところに惹かれ、親しくなった。
1964年にナタリーと結婚、息子アントワーヌ(後にアントニー・ドロンの名でデビュー)が生まれる。
この年には3人でアメリカ合衆国のビバリーヒルズに滞在。
いくつかの映画に出演したり、アカデミー賞のプレゼンターにも立った。
ナタリー・ドロンは後に映画『個人教授』に出演した。

1966年フランスへ帰国。
映画『サムライ』に出演したことにより、女優を続けたいと願うナタリーと対立し、やがて離婚。
その後、ミレーユ・ダルクと長い愛人関係にあった。
1987年にオランダ人モデル、ロザリー・ファン・ブレーメンと出会う。
彼女とは籍は入れず、アヌーシュカとアラン・ファビアンの2子をもうけるが、2002年に別れた。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとのアルバムがある、ドイツ人のモデル・歌手のニコとの関係も有名である。
ニコは1962年にドロンとの子供である長男クリスティアンを生むが、彼は未だに認知をしていない。
クリスティアンはドロンの実母に育てられた。

引退

2017年5月9日、今後出演する1本ずつの映画と舞台を最後に、引退するとの意向を示した。

日本での反響

日本での人気は絶大で、美男子の代名詞ともなった。
また、女性のみならず、前述の『太陽がいっぱい』『さらば友よ』そして『冒険者たち』『サムライ』『地下室のメロディー』などで幅広い層のファンを獲得した。
彼のファッションや映画のセリフ、立ち居振舞い、サングラス、煙草の吸い方などに憧れたり、真似をする男性たちが続出した。
本国など欧米でももちろん人気俳優ではあるが、どちらかといえば「芸術映画」「社会派映画」に好んで出演するタイプの俳優であり、
日本での大衆的、アイドル的な人気ぶりは世界でも異例であった。

1963年(昭和38年)、4月1日から4月10日まで東京・丸の内の東京商工会議所ホールで開催された第3回フランス映画祭(後援は在日フランス大使館ほか)のため初来日。
日本のファン達の大歓迎をうけた。
他にドロンと共に映画祭に参加したのは、
映画監督のフランソワ・トリュフォー、セルジュ・ブールギニョン、
女優のマリー・ラフォレ、アレクサンドラ・スチュワルト、フランソワーズ・ブリヨンらであった。

1963年4月6日と1964年(昭和39年)6月9日、フジテレビ『スター千一夜』に出演。
同6月13日にはNHK『夢であいましょう』に出演。
映像は現存しないが、司会を務めていたデザイナーの女性と番組セット内で撮ったカラー写真が現存する。

ドロンがマリアンヌ・フェイスフルと共演した『あの胸にもう1度』(1968)では、
黒革のバイク・スーツを着たマリアンヌがそれを脱ぎ捨てると、ヌードだったというシーンが話題になった。
1975年の『ル・ジタン』では、当時最高峰の性能を持った3気筒のバイクに乗り、
警官隊に囲まれた自宅から門を開けるとともにウィリー走行で脱出する姿を見せ、観客を感心させた。

2010年には生誕75周年を記念して、「アラン・ドロン生誕75周年記念映画祭」が東京や京都で開催された。

人物
1987年、モロッコでの15年間の投獄の末、脱走したマリカ・ウフキルは逃走中に自分たちの事実を伝えるため政治家やアーティストに20通ばかりの手紙を送ったが、
返事があったのはアラン・ドロンただ一人だった。
モロッコと関係のあるアラン・ドロンは弁護士を通じて「政治的立場をとるつもりはないが、マリカ・ウフキルたちに友情を伝えてくれと言い、
物資面の援助や裁判費用も払う用意がある」と伝え、マリカ・ウフキルはこの厚意に心底感動したと語っている。

その他の活動

1970年代より、自身の名をブランド名にした香水のプロデュースに注力している。
男性用香水「SAMOURAI」・「SHOGUN」・「47SAMOURAI」は日本文化に感化されたネーミング・ボトルと、パッケージのデザイン・調香から日本でも人気を博している。

1993年、スイスで行われた女優オードリー・ヘプバーンの葬儀に参列。
それまで交流があったことは一切報じられておらず、また、日本では長年人気投票の外国男優・外国女優部門の1位を獲得してきた人気俳優同士だった。
彼は「僕は彼女を尊敬していた」と交流を語った。

1998年公開の『ハーフ・ア・チャンス』を最後に映画からの引退を公言した(その理由を「映画でやりたいことは全てやりきったから」と発言) が、
復帰してテレビドラマや映画、舞台など幅広く俳優活動を継続しており、2007年にはベストセラー小説『マディソン郡の橋』の舞台化作品への出演が決まっている。

アラン・ドロンの日本語吹き替えの声優は野沢那智が長く務めていた。
1964年東京オリンピックのメインスタジアム(新宿区霞ヶ丘町)の落成式に出席し併せて国立代々木競技場を訪問した。
また東京モノレールの開業前に昭和島車両基地を訪れ、そこで試運転車両に乗車した。

チョコレート好き。
好きなチョコレート菓子はスフレ。 ソープランド街として知られる吉原を訪れたこともあり、その時のお相手は、丸千代嬢というソープ嬢であった。
丸千代嬢が在籍していた店は、「世界一の二枚目が遊んだ店」として、たちまち有名店に。
写真週刊誌に丸千代嬢がヌードで告白した記事が掲載され、有名なエピソードになった。

2007年10月8日、フジテレビ)の番組に出演した。
出演した理由を「50年経ったし、そろそろ日本に来てもいいかな、と思って」「(日本には)昼飯を食べるためだけに来た。」とユーモアたっぷりに語り、
前日の夜に日本に到着し、撮影日の午後9時に帰途に発つ、という強行スケジュールだった。
彼が料理絡みの番組に出たのは日本の料理番組に出演した一度だけで、「招待してくれてうれしい」とのことだった。
また、番組内では各出演映画の名場面や上記の44年前の初来日の時の貴重なニュースフィルム(モノクロ)なども紹介された。

また、フィルムデビュー50周年を記念して、2007年11月8日の72歳の誕生日から、
2003年 - 2004年にフランスとドイツ共同制作で製作されたドラマ『アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ』がWOWOWで放送された。

大の格闘技好きであり、ドロン自ら格闘技の興行を主催したこともある。
また、同じフランス人のK-1トップファイタージェロム・レ・バンナとは友人であり、映画で共演したこともある。

三船敏郎を尊敬しており、三船をイメージしてsamurai(サムライ)という名の香水や映画を作った。

出典:画像、プロフィール:タレントデータバンク ウィキペディア goo

アラン・ドロン様の今年の運勢は?

【無料ビジネス情報】

無料で【青龍】のLINE@に登録をしてプレゼントをお受け取り下さい。

298000円相当のメールアドレス収集ソフトを期間限定無料プレゼント中!

「@ogc1032h」をID検索(@をお忘れなく)または

追加されたらあなたのお好きなスタンプを私に送ってくださいね♪

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。