バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

8月12日お誕生日の有名人:貴乃花 光司様

ノンカテゴリ

8月12日お誕生日の有名人:貴乃花 光司様
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

貴乃花 光司様 お誕生日おめでとうございます。

貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日)は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。
所属した相撲部屋は藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠。
日本相撲協会理事で相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)、総合企画部長、巡業部長を歴任。
他にスポーツニッポン評論家(大相撲担当)。

本名、花田 光司(はなだ こうじ)。愛称は「コウジ」。

人物
1972年(昭和47年)、東京都杉並区に生まれ、同中野区で育つ。
現役時代、取組前の場内アナウンスでは中野区を出身地としていた。

父は元大関の貴ノ花利彰、母は女優の藤田紀子。
兄は元大相撲力士でタレントの花田虎上(第66代横綱・三代目若乃花)。
妻は元フジテレビアナウンサーでタレントの河野景子で、1男2女の父親。
長男の優一は靴職人。
初代若乃花(第45代横綱)は伯父(父の兄)。二代目若乃花(第56代横綱)はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。

血液型はO型。元々は右利きだったが、長年の相撲の影響で右手に痺れが残ってしまい、今は左手で箸やペンを持つようになっている。
現在は大型自動二輪免許を取得し、ハーレーダビッドソンに乗っていることを明かしている。

経歴
少年相撲から中学相撲

当人や周囲の回想によれば相撲に身を入れ始めたのは父の現役引退が契機だったといい、
その頃から「自分が将来、相撲の世界に入って、父が果たせなかった夢を実現させるんだ」という思いで稽古に打ち込んだ。

父を慕って部屋によく遊びにきていた鎌苅忠茂少年(のち入門して四股名を貴闘力)には、兄の勝ともどもかわいがられ、部屋の稽古場で相撲を取ることもあった。

小学5年生の時、わんぱく相撲の全国大会に優勝、わんぱく横綱として土俵入りを行っている。
これを入れるならば、蔵前国技館と新両国国技館の両方で横綱土俵入りを行ったひとりということになる。

明大中野中に進学。同相撲部で武井美男監督から受けた廻しの切り方などの技術面の指導は、のちの躍進に大きく寄与したとされている。

入門から大関時代
入門当時からその優れた素質が話題となり、前評判に違わず数々の最年少記録を打ち立てた。
新弟子検査時には「これは新弟子の体じゃない、今すぐ幕下でも通用する」と、新弟子検査担当の親方たちから驚嘆されるほど既に体作りの基礎ができていた。
中には親方の息子である自身をやっかむ者がいたが、それに対して貴花田はトイレにダンベルを持ち込んで黙々と鍛えた。
1989年11月場所、17歳2か月で新十両に昇進した当時も、出世に髪の伸びる早さが追いつかず大銀杏が結えず、ちょんまげ姿で土俵に上がった。
名大関貴ノ花の息子として兄とともに入門したことは、マスメディアを通じて国民に広く報じられ、入幕前から相撲ファンの枠を超えた注目を集めていた。

1990年5月場所、17歳8か月で新入幕。
場所直前に足の親指の靭帯を切る負傷をしていたことから4勝11敗と大きく負け越し、十両に落ちたが、11月場所で幕内に復帰した。
その後二場所は小幅の勝ち越し、負け越しが続きやや勢いが減速したものの、東前頭13枚目に下がった1991年3月場所では27年ぶりとなる平幕での11連勝を記録。
その後大関・小錦、横綱・旭富士らに敗れ、幕内優勝はならずも12勝3敗の好成績を挙げ、敢闘賞、技能賞をダブル受賞した。

西前頭筆頭まで番付を上げた1991年5月場所、かつて実父・貴ノ花とも対戦した昭和の大横綱・千代の富士といきなり初日に取組が組まれた。
伯父の二子山理事長は「何回、"残った、残った"の声が聞かれるか楽しみだ」と、甥の貴花田が負けるにしても、横綱にどれだけ相撲を取らせてもらえるか注目していた。
5回の仕切りで制限時間となるが、呼吸が合わず仕切り直しで立つや、千代の富士が左から張るところを、貴花田は低く当たって右を差し、
頭を付けて左からおっつけて寄り、千代の富士が右から撒き、左からおっつけると、貴花田がすかさず左上手を引いた。
千代の富士はその体勢を崩そうと、左へ回って土俵際で左からの突き落としをはかり、貴花田の首筋を強引に押さえ込んだものの、貴乃花は良く足を送って残した。
最後に貴花田が寄り切りで完勝し、18歳9か月で大相撲史上最年少の金星を獲得。
千代の富士は同場所の3日目、奇しくも貴花田の兄弟子・貴闘力にとったりで敗れた相撲を最後に現役引退。
結果的に同場所初日の貴花田が千代の富士を下したのを機に引導を渡したことで、次代の第一人者候補としての評価を固めていく。
弟にわずかに遅れて入幕した兄若花田とともに「若貴フィーバー」と呼ばれ、平成初期の一大相撲ブームの担い手となり、一日20番の申し合いをこなす、
下ろしたばかりのまわしがその当日の稽古が終わるころには汗が染み込むなどの猛稽古ぶり、
勝負に負けて土俵に落ちる際には顔から落ちるなどの勝負師ぶりを見せ、その後も順調に成長していった。
稽古熱心さに関しては井筒部屋の元幕下・神光で実業家の村上光昭が「土俵に足を入れたら五時間、体を休めていることは一度もなかった」と2017年の座談会で明かしている。
若貴ブームの頃には若貴兄弟が女性誌の表紙を飾り、女性週刊誌や写真週刊誌には毎号のように記事が掲載され、
スポーツ新聞も相撲専門の新聞のようになり、コンビニに相撲専門誌が置かれているほどであった。
世話人の友鵬は当時について「出待ちの女性ファンが若貴に群がり場所入りする力士がもみくちゃになることもあったため、柵を作ってファンの接近を制限することもあった。
今(2017年時点)のファンは整然として行儀が良い」という内容の証言をしている。

翌1992年1月場所は14勝1敗の成績で19歳5か月での幕内初優勝を果たした。
同年9月場所で14勝1敗の成績で2回目の幕内優勝、同年は60勝30敗と6場所制定着後最少勝ち星ではあったものの史上最年少の年間最多勝を受賞した。
さらに翌1993年1月場所では11勝4敗の成績で20歳5か月の若さで大関まで上り詰め(同時にライバルの大関曙も横綱昇進決定)、父と同じ貴ノ花に改名する。
次の5月場所では14勝1敗の成績で3回目の優勝を果たし、翌7月場所で初の綱獲りとなったが、
千秋楽に13勝2敗で曙(第64代横綱、現プロレスラー・タレント)・兄若ノ花らとの優勝決定戦に進出したが、
曙は若ノ花を押し倒し、貴ノ花を寄り倒して破り、貴ノ花は優勝同点留まりに。
その後日本相撲協会から横綱審議委員会への諮問が無かった為、横綱昇進はならなかった。
この時横綱昇進を果たしていれば20歳11ヶ月での横綱昇進となり、北の湖の記録である21歳2ヶ月での昇進より早いスピード横綱昇進記録1位の座を射止めていたことになる。
続いて9月場所は初の全勝優勝を狙った曙を千秋楽で下して阻止、曙に次ぐ12勝3敗の優勝次点で綱獲りを再び繋いだが、
翌11月場所は体調不良により7勝8敗と負け越して綱獲りは完全に消滅。
1994年1月場所では21歳5か月での大関角番も史上最年少の記録となった。

初の角番だった1月場所では14勝1敗で4回目の幕内最高優勝で復活。
同年の3月場所で綱獲りを再び期待されるが、11勝4敗で優勝を逃し綱獲りは失敗。
5月場所では14勝1敗の成績で5回目の幕内最高優勝を果たすが翌7月場所では11勝4敗に終わり、またしても綱獲りは失敗に終わった。
次の9月場所では初の全勝優勝(史上最年少の全勝優勝記録)、同9月場所後に相撲協会は横審委員会に貴乃花の横綱昇進の打診をしたものの、
「『大関で2場所連続優勝』の内規を満たしていない」との理由から見送りに。
それでも、貴ノ花から「貴乃花」と改名して迎えた翌11月場所でも他を全く寄せ付けず、双葉山以来の
「大関で2場所連続全勝優勝」を果たし(千秋楽で曙に土俵際の上手投げで勝利)、先場所からの30連勝も達成、ようやく横綱昇進を確実とした。

横綱時代
貴乃花の横綱土俵入り
1994年(平成6年)11月場所後ついに横綱昇進が決定した。
11月23日に行われた昇進伝達式で「謹んでお受け(致)します。今後も『不撓不屈』(自身大関昇進の伝達式でも用いた)の精神で、
力士として相撲道に『不惜身命』を貫く所存でございます」と使者に答えた。
尚横綱土俵入りは「雲龍型」を選択、当時二子山部屋と同じ二所ノ関一門の横綱だった間垣親方(元二代若乃花)と鳴戸親方(元隆の里)の二人が主に指導した。

新横綱で迎えた1995年1月場所は初日に武双山に敗れ、1994年9月場所初日から続いた連勝は30でストップした。
8日目に魁皇にも敗れたが、14日目に1敗の武蔵丸を破り、千秋楽は13勝2敗で並んだ武蔵丸との優勝決定戦を制し、自身初の3連覇を達成。
新横綱の優勝は15日制になってからは、大鵬・隆の里以来史上3人目。
3月場所は曙との13勝1敗同士の相星決戦となり、惜しくも敗れて4連覇は逃したが、翌5月場所でも2場所連続で曙との相星決戦となり、雪辱を果たして14勝1敗で優勝した。
7月場所では14日目に優勝を決めたが、千秋楽に曙に敗れ、13勝2敗で終えた。
翌9月場所でも14日目に優勝を決め、千秋楽は曙を押し出しで破り、自身2度目の3連覇を全勝優勝で飾った。
11月場所は初日に琴稲妻、7日目に土佐ノ海に取りこぼして早くも2敗。
中日以降は順調に白星を重ね、14日目まで12勝2敗で兄の若乃花と共に優勝争いのトップに立った。
千秋楽では若乃花が武双山に敗れ、自身も武蔵丸の注文相撲に屈したため12勝3敗同士の史上初の兄弟優勝決定戦が実現。
若乃花の右四つからの下手投げで敗れ、4連覇を逃した。
この年1995年(23歳)、プライベートでは8歳年上のフジテレビアナウンサー・河野景子(元ミス上智大学)と妊娠6ヶ月でできちゃった婚約(のち結婚)をし、世間を驚かせた。

1996年は年明けから3場所連続で14勝1敗の成績を残した(1月場所は同部屋の大関・貴ノ浪と優勝決定戦に進出したが、河津掛けで敗れた)。
3月場所から9月場所では自身初の4連覇達成。
9月場所は4度目の全勝優勝(これ以降、日本人力士の全勝優勝は2016年9月場所の大関豪栄道まで丸20年途絶えた)。
さらに同9月場所で幕内連続12勝以上勝利が、北の湖の12場所を超える、13場所目の新記録(当時)を達成した(現在は白鵬に次ぎ歴代2位)。
当時まだ24歳という年齢で、幕内優勝15回という実績や、ほとんど隙のない当時の取り口から考えると、大鵬や千代の富士の優勝回数の突破は、時間の問題とさえ言われていた。

成績不振
しかし、1996年(平成8年)9月場所後の巡業中、背筋の肉離れを起こすケガにより緊急帰京。
肉離れが完治しない中、同年11月場所を一旦強行出場することを表明したが、場所初日の前日に急性腸炎による発熱で入院、
結局11月場所は自身初土俵以来初めて本場所を全休することとなる。

この休場をきっかけに、貴乃花の相撲に陰りが見え始め、また休場中の間に上体だけが肥えてしまい、1997年(平成9年)以降は体をのしかけて潰す相撲に変貌してしまう。
更に強引にねじ伏せたり浴びせ倒したりするなど、明らかに相撲の質が落ち、好角家からも批判されるようになった。
大型力士に対抗するために自らの判断で体重を増やしたが、あまり上手くいかなかった。
兄の花田虎上は洗脳騒動で話題になった整体師に過食を勧められたからであると自身の著書で述べた。
しかし、貴乃花自身は2005年(平成17年)に「大変お世話になった人。洗脳騒動は母と兄によって捏造されたものだ」と否定している。
また話題となった整体師は何も語っておらず、真相は不明である。

それまではかなり熱心で体の毛も生えない程だった稽古も、準備運動は入念にするものの実戦的な稽古量が激減するという事態に陥った。
1997年(平成9年)は過去の稽古の貯金もあって3度優勝、通算5回目の年間最多勝(同1997年が自身最後の年間最多勝)も受賞して横綱の面目を十分に保てたが、
1998年(平成10年)以降はその貯金も底を突いた状態となった。
1998年(平成10年)1月場所終盤、急性上気道炎による高熱と、顔面に現れた原因不明の発疹による体調不良で、
勝ち越しながらも途中休場(これにより同年2月に開催された長野オリンピック開会式及び横綱土俵入りも欠席した。
横綱土俵入りの代役は曙が務めた)。翌3月場所も序盤から崩れて、肝機能障害によりまたも途中休場に追い込まれた。
7月場所と9月場所は連覇して(7月場所の優勝インタビューでは、引退も考えていたとコメントした)優勝回数を20回の大台に乗せたが、
その後は怪我や病気に苦しみ、2年以上優勝から遠ざかることになった。

この1998年の秋場所直前に、師匠である父・二子山親方(元・貴ノ花)が、兄・花田勝(のち花田虎上)(元・若乃花)を拒絶するようになった貴乃花に対して、
「貴乃花は懇意にしている整体師から洗脳されている」と発言し「貴乃花洗脳騒動」が起きた。

1999年(平成11年)は年明けから大崩れ。
1月場所は序盤から崩れて盛り返すことなく8勝7敗に終わった。
3月場所は10日目の闘牙戦で勝ち越しを決めたものの、左肩を骨折して途中休場。
5月場所は全休。休場明けの7月場所は8日目まで1敗だったものの、9日目の出島戦で左手薬指を脱臼し、その影響で12日目から4連敗と大きく崩れ、9勝6敗に終わった。
9月場所は怪我が治らないのに何故か出場して一つも勝てずに3日目から休場。
再起を賭けた11月場所も初日に玉春日に敗れ(この敗戦で不戦敗を含まず7連敗となり平成以降の横綱では最多記録となってしまった)、最後を思わせるほどになってしまった。
さらに6日目に栃東、9日目に魁皇にそれぞれ敗れ9日目で早くも3敗。
しかしその後は持ち直して14日目まで3敗を守り、千秋楽に武蔵丸と横綱同士の相星決戦にまで持ち込み、敗れはしたものの、11勝4敗の準優勝を果たして望みを繋いだ。

また、この頃から稽古量が上向きになり、2000年(平成12年)1月場所は12勝3敗(優勝次点)、3月場所は11勝4敗、5月場所は13勝2敗(優勝次点)と復活間近を思わせた。
だが7月場所は、5日目の土佐ノ海戦で勝ちながらも左手の上腕二頭筋を断裂する怪我を追い、
2日後の7日目・魁皇戦で切り返しで敗れた際、その左腕のケガが悪化した為またもや途中休場となった。
翌9月場所は全休。休場明けの11月場所は初日から順調に白星を重ね、14場所ぶりに中日勝ち越しを決めた。
9日目に武双山、10日目に千代大海と連敗し、優勝争いからは後退したものの、12日目は、この場所1横綱3大関を破り、13勝を挙げ、
三賞を総ナメにした新鋭の琴光喜の挑戦を小手投げで退け、横綱の意地を見せた。
13日目に武蔵丸、14日目に曙と両横綱には敗れたものの、千秋楽は3連敗中だった魁皇を寄り切りで破り、11勝4敗で繋いで不振脱出の兆しを見せた。

復活、最後の優勝
2001年(平成13年)1月場所は初日から14連勝したが、千秋楽で横綱・武蔵丸に敗れて14勝1敗に終わる。
武蔵丸と同点となり優勝決定戦にもつれ込むも、その一番では武蔵丸に勝利を果たし、14場所ぶり21度目の復活優勝を遂げた。
一度変貌した相撲内容は更に変貌し、嘗ての自在の内容に代わり、完全に腰を固め、充分に捕まえて逡巡せず勝負に出るようになって新生貴乃花を印象付けた。
安定感はやや低下したものの、力強さは逆に最盛期以上とも思える相撲振りを印象付けた。

3月場所は3日目に栃乃洋に敗れ1敗。
13日目には武双山にも敗れ2敗に後退。
14日目に1敗の魁皇を上手出し投げで破り、優勝への望みを繋いだが、千秋楽に魁皇が武双山との2敗同士の対決を制し、自身が結びの一番で武蔵丸に敗れたため、
優勝は魁皇にさらわれた。

そして5月場所は初日から13連勝して完全無敵の強さだった。しかし14日目の武双山戦で土俵際で巻き落としを喰らって右膝半月板を損傷する大けがを負った。
もはや立つことも困難なほどの重傷であり、本来休場するべきところであった。
二子山親方ら関係者も休場するよう貴乃花に勧めたが、幕内優勝が掛かっていたため、周囲の休場勧告を振り切り、翌日の千秋楽は無理矢理強行出場した。
千秋楽はテーピングをせずに、横綱土俵入りを披露した。
しかし本割りの仕切り最中にすら右膝を引き摺るような仕草があり、勝負にならないことは明らかであった。
その悲惨な状況に審判部として土俵下に座る九重は仕切りの最中にも「貴乃花、痛かったらやめろ!」と忠告したほどである。
予想通り千秋楽結びの一番の武蔵丸戦では、武蔵丸の立ち合いの変化に全くついて行けず一瞬で勝負がつく様な敗退で武蔵丸と相星となった。

続く優勝決定戦は誰もが武蔵丸の勝利を確信せざるを得なかったが、大方の予想を覆し、武蔵丸を豪快な上手投げで破った。
勝利を決めた直後の鬼の形相と奇跡的な優勝に当時の小泉純一郎首相は表彰式で「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!!おめでとう!!!」と貴乃花を賞賛した。
後世相撲史に語り継がれる大一番となった。
貴乃花が怪我を押して出場した背景には「休場すれば本割、優勝決定戦と不戦勝で武蔵丸が優勝をさらう史上初の事態になった」という状況があり、
この優勝の際のスポーツ新聞の記事で貴乃花は
「横綱としてというより、1人の力士としてやろうと思った。ひざがダメになったらという不安?そうなったらそうなったときですから」と言っていた。
表彰式での優勝インタビューでは怪我の痛みを聞かれ「特にないですよ」と答えると、大きな拍手と歓声が沸いた。

7場所連続の長期休場
相撲史に残る大一番を制した貴乃花であったが、間もなくその代償は予想以上に大きい事が判明し、逆に大きな禍根を残すことにもなった。
全休となった2001年(平成13年)7月場所後、大けがをした右膝の半月板を除去する手術をフランスで受けて再起を目指した。
しかし貴乃花は2001年7月場所から2002年(平成14年)7月場所まで、1年以上も全ての場所で休場となってしまう(なお7場所連続全休は大相撲史上ワースト1位である)。
世間も最初は「休場してゆっくり治せば良い」と温かい目で見ていたが、休場が1年近くになった頃から、貴乃花に対する風当たりは強くなり、
一部の横綱審議委員も苦言を呈するようになった。

2002年(平成14年)9月場所、横審委員会からの勧告もあって、遂に8場所ぶりの出場に踏み切った。
注目された初日の高見盛戦では勝利したものの、序盤の2日目・旭天鵬戦と5日目・琴龍戦でそれぞれ金星を献上してしまい、この場所途中での引退さえ囁かれた。
しかしその後中盤の6日目から終盤14日目にかけて星を伸ばして12勝2敗、千秋楽に武蔵丸と横綱同士の相星決戦にまで持ち込み、敗れはしたものの12勝3敗の準優勝を果たした。
武蔵丸の存在が自身の力を測るバロメーターになっていたことを考えると、貴乃花は「ああ、もう自分はそろそろだな」と感じたという。
他の幕内力士との実力の違いを見せつけたが、場所終盤には再び右膝の怪我の状態が悪化したため、翌11月場所はまたも初日から全休することとなる。

現役引退
そして、貴乃花自身最後の場所となった2003年(平成15年)1月場所、右膝の状態が万全ではなかったものの出場を決意。
初日の若の里には土俵際の小手投げで辛うじて勝ったが、翌2日目の雅山戦では二丁投げを喰らって左肩を負傷してしまう。
明らかに不利な体勢であったが、審判委員から物言いがつき「両者同体」と判定された。
その取り直しの一番は雅山に左からの上手投げで勝利したものの、左肩の怪我により翌3日目の旭天鵬戦は不戦敗、4日目まで途中休場する羽目となる。

だが、5日目から横綱では異例と言える場所途中からの再出場(1954年1月場所の東富士以来49年ぶり)を決断する。
5日目・闘牙と6日目・土佐ノ海に連勝はしたものの、貴乃花らしい相撲は全く見られず、7日目の出島には一気に押し出され、
8日目には初対戦の安美錦にも送り出しでそれぞれ敗れてしまった。

この同1月場所8日目の安美錦との一番を最後にその翌9日目でついに現役引退を表明(取組予定だった琴ノ若戦はこの場所2度目の不戦勝に)した。
当時まだ30歳(5か月)で、実父・二子山親方とほぼ同年齢での引退でもあった。
引退会見で連発した「非常にすがすがしい気持ち」、「心の底から納得しております」は、一時流行語にもなった。
なお、貴乃花の引退によりこれ以降番付から日本で生まれ育った横綱が姿を消してしまい、2017年(平成29年)に稀勢の里が第72代横綱に昇進するまで、
日本で産まれ育った横綱が一人も誕生しない状態が14年間続いた。

貴乃花の引退相撲と断髪式は2003年(平成15年)5月場所後に行われ、当時の横綱・武蔵丸、大関・魁皇、実兄の花田虎上、さらに長男などに鋏を入れられ、
留めバサミは父親で師匠の二子山親方が入れた。
断髪式後には貴乃花の長男が土俵に上がっての作文朗読があり、この時に長男は涙をこぼしていた。

出典:画像、プロフィール:タレントデータバンク ウィキペディア goo

貴乃花 光司様の今年の運勢は?

あなたのお悩みは何ですか?

恋愛?お金?お仕事?

あらゆる悩みがスッキリ!!

LINE@で
四柱推命によりあなたの金運アップをアドバイスします。
完全無料、秘密厳守 四柱推命歴30年

他にも
インターネットビジネス、
アフィリエイト、ヤフオク、キュレーション、LINE@
仮想通貨、ビットコイン、・・・etc
公開できないマル秘情報や最先端のビジネス情報をLINE@で暴露します。

まずは無料でLINE@のお友達登録をしてプレゼントをお受け取り下さい。

298000円相当のメールアドレス収集ソフトを期間限定無料プレゼント中!

「@ogc1032h」をID検索(@をお忘れなく)または

追加したらあなたのお好きなスタンプを私に送ってくださいね♪

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう