バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

5月2日お誕生日の有名人:武蔵丸様

ノンカテゴリ

5月2日お誕生日の有名人:武蔵丸様
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

武蔵丸様 お誕生日おめでとうございます。

武蔵丸様の今年の運勢は?

武蔵丸 光洋(むさしまる こうよう、1971年(昭和46年)5月2日 )は、
アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身(生まれはアメリカ領東サモア)で
武蔵川部屋所属の元大相撲力士・タレント。第67代横綱。
本名同じ、旧名・米国名:フィアマル・ペニタニ(Fiamalu Penitani)。
身長192cm、体重235kg。現在は年寄・武蔵川。
得意手は、突き、押し、右四つ(かつては左四つ)、血液型はA型、
8人兄弟の4番目、趣味は音楽鑑賞、愛称は「マル」。

2008年(平成20年)4月にフラダンス教室経営の女性と結婚、
同年8月23日に故郷のハワイで挙式。
2014年(平成26年)6月28日には第1子となる長男が誕生。

来歴
生い立ち

アメリカ領サモアで生まれる。
6歳の時に一家でハワイに移住したが、
サモア語しか話せなかったため、友達もなかなか出来なかったという。
小学校時代にアメリカンフットボールを始め、
ハワイ州のワイアナエ高等学校でアメリカンフットボールのディフェンスラインとして活躍し、
プロ選手としての活躍を目標としていた。
大学からも勧誘されたが、経済的理由で進学を断念した。

初土俵から幕内昇進まで

大相撲入りの勧誘を受けたことを機に、
過去に相撲との関わりが全く無かったにも拘らず、
「大きな体を生かして家計を助けよう」と決心し武蔵川部屋に入門する。
師匠の武蔵川親方(元横綱・三重ノ海)は、
その少し前に「武蔵坊」という力士をスカウトしながら
あっという間に逃げられたことから、半年のテスト期間を設け、
徹底的に鍛えて様子を見てから初土俵を踏ませることにした。
そして「これなら大丈夫だ」と見なされ、
1989年(平成元年)9月場所に初土俵を踏んだ。
四股名は所属する武蔵川部屋と本名のフィアマルの「マル」から付けた。

入門当初、武蔵川は口では「ハワイに帰りたくなったら言ってね」と安心させたが、
武蔵丸本人は「そんなこと言えるわけがない」とすでに相撲に本気で打ち込むつもりであった。
前相撲が終わってから「ビザが切れて日本に滞在できなくなった」と武蔵川から聞くと、
当時日本語が流暢でなかった武蔵丸は
「お前はもうこれ以上相撲ができない。もう今日で終わりだよ」と誤って解釈してしまい、
半日ほど釈然とせず悔し涙を流したという。
尤も、これは一度出国してビザを更新すればよかっただけのことであった。

1991年(平成3年)11月場所に終生のライバルとなる貴ノ浪らと同時に新入幕、
東前頭12枚目の地位で11勝4敗を挙げて敢闘賞を受賞した。
大きな体を生かした突き押しと、右四つからの寄りを得意とした。

新入幕前の相撲雑誌には、「ハンマーで固めたようながっしりとした体の力士」で、
「曙と一緒にハワイアンコンビとして
若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の終生のライバルとなるだろう。」と記述されており、
新入幕前から大変な期待があったことが伺える。

そしてこの通り、後年に曙(第64代横綱)・貴乃花(第65代横綱)
・若乃花(第66代横綱)らと4横綱時代を築くこととなった。

1992年(平成4年)5月場所に新三役(小結)に昇進。
これ以降引退まで常に三役以上の地位を保ち続けた。
同年7月場所は終盤まで優勝を争い、11勝4敗の好成績を挙げ、初の技能賞を受賞した。
翌9月場所には関脇に昇進し、10勝5敗と二桁勝利を挙げた。
その後はやや停滞していたが、
1993年(平成5年)11月場所では8日目に横綱・曙を突き落としで破り、
13勝2敗の好成績を挙げて史上初となる外国人力士同士による優勝決定戦に進出。
再び曙と対戦、敗れて優勝はならなかったが、初の殊勲賞を受賞した。
1994年(平成6年)1月場所は大関獲りの場所となり、
順調に白星を重ねて12勝3敗の好成績で2回目の技能賞を受賞。
同場所後、貴ノ浪と同時に大関昇進を果たす。
なお大関昇進時の口上は「日本の心を持って相撲道に精進致します」であった。

その後も貴ノ浪とは対照的な取り口ながら実力は伯仲、
良き好敵手として長く名勝負を繰り広げた。
ちなみに武蔵丸対貴ノ浪の幕内対戦回数58回は、
当時大相撲史上第1位の記録であり
(2016年5月場所現在、琴奨菊対稀勢の里の60回が1位、史上3位は日馬富士対稀勢の里の57回)、
対戦成績は武蔵丸の37勝21敗となっている
(他十両の地位と1996年11月場所の優勝決定戦でも貴ノ浪と戦っており、共に武蔵丸が2勝)。

西郷隆盛に良く似た容貌で、日本人に親しまれた。
武蔵丸を応援する「さつま武蔵丸の会」が結成されるなど、特に鹿児島県民から愛された。
髪は黒の直毛、体型も腰高でなく、
またあんこの度合いもハワイの先達力士ほどではなかった。
こうした条件が重なって、日本人力士の中に入っても浮き上がることがなく、
大関昇進に渋い顔をするファンはあまりいなかった。

大関時代

新大関の1994年3月場所は序盤5連勝したものの、
その後は黒星が増えて9勝6敗に留まる。
同年5月場所では終盤まで優勝を争ったが、
千秋楽に貴ノ花(当時)に敗れ12勝3敗の優勝次点に終わった。
しかし続く7月場所では、千秋楽に貴ノ花を下手投げで倒して、
15戦全勝で念願の幕内初優勝を達成。
武蔵丸と同じハワイ出身の先輩である高見山、小錦、曙もなし得なかった
史上初の外国出身力士による幕内全勝優勝を果たした。

初優勝を遂げた際、武蔵丸の目は真っ赤に充血し、
「うれしいよ」を繰り返すばかりで、後は言葉にならなかったと後年に伝わる。
優勝パレードでは大雨、暴風、稲光に見舞われ、ずぶ濡れの凱旋となった。

12勝の優勝次点に続く全勝優勝と、横綱昇進の基準である
「二場所連続優勝もしくはそれに準ずる成績」に値する実績だったが、
当時は昇進の目安が厳しかったこともあり殆ど話題にならなかった。
次の9月場所は初の綱獲りとなったが、結局11勝4敗に留まり失敗。
尚同場所11日目の琴の若戦では、最高位が横綱の力士としては平成以降唯一の水入りを経験した。

その後も終盤まで何度も優勝争いに加わる成績を残すが、
横綱の曙・貴乃花らにあと一歩届かない成績が続いた。
さらに左肩関節の負傷の影響により、
1996年から3場所連続で9勝6敗の成績が続き、
その後も10勝前後に落ち着いてしまい低迷した。
その低迷を挽回すべく右差しで腕を返して寄る相撲に変えたのが功を奏し、
これまで分の悪かった貴乃花戦は1997年(平成9年)以降12勝7敗と勝ち越し、
晩年は5連勝して終わっている(但し優勝決定戦を除く)。
なお武蔵丸は、1996年(平成8年)まで対貴乃花戦では7勝22敗と大敗しており、
特に貴乃花の横綱昇進以降は1勝10敗で全く歯が立たなかった。
なお、その1勝は1995年(平成7年)11月場所千秋楽に立合い変化で勝ち、
若貴兄弟による優勝決定戦を実現させた相撲だった。
また、貴乃花との優勝決定戦では4戦全敗である
(1995年1月場所、1997年9月場所、2001年1月場所、2001年5月場所)。

1996年1月22日に日本国籍を取得し、本名を「武蔵丸光洋」としている。

貴乃花が初日から全休した1996年11月場所は、
11勝4敗ながら幕内歴代最多数となる史上初の5人
(ほか曙・若乃花・貴ノ浪・魁皇)での優勝決定巴戦となった。

1回戦は武蔵丸が若乃花を寄り倒し、魁皇をすくい投げた貴ノ浪と共に巴戦進出へ。
そして巴戦でも武蔵丸は1回戦不戦勝の曙と、
そして最後は貴ノ浪をそれぞれ寄り切りで下して2連勝、
14場所ぶり2回目の幕内優勝を達成する。

尚15日制定着後で11勝の優勝は幕内最少勝星タイ記録
(1972年1月場所の栃東以来24年ぶり2度目)である。
ちなみに武蔵丸は全勝から12勝までの優勝も経験しており、
11勝~15勝の5通りの勝利数での優勝を経験した唯一の力士である(2016年現在)。
続く1997年1月場所は2回目の綱獲りだったが、
優勝の若乃花に及ばす惜しくも12勝3敗に留まった。

貴乃花が途中休場した翌1998年(平成10年)1月場所も混戦となったが、
12勝3敗で武蔵丸が7場所ぶり3回目の幕内優勝。
同年3月場所3回目の綱獲りに挑むが、
前半戦の取り零しが響いて8勝7敗と又しても失敗に終わった。

1999年(平成11年)1月場所は、序盤から中盤にかけて黒星が先行、
幕内昇進後初の負け越しも懸念されたが終盤持ち直し、
7勝7敗で迎えた千秋楽の武蔵丸は貴乃花を土俵際で突き落とし、
辛うじて8勝7敗と勝ち越した。

その次の3月場所は、場所終盤の11日目から当時の3横綱(
貴乃花・若乃花・曙)が全員休場し、
横綱不在となってしまった(ほか新大関の千代大海、関脇の武双山らも途中休場。
なお3横綱の全員休場は、1950年1月場所の羽黒山・東富士・照國以来49年ぶり)。
この異常事態に当時の時津風理事長(元大関・豊山)が異例の謝罪会見を行っている。
それでも武蔵丸と貴ノ浪の当時2大関が奮起し、
千秋楽は両者12勝2敗同士の相星決戦となって場所を盛り上げた。
その千秋楽結びの一番は武蔵丸が貴ノ浪を寄り切って完勝、
13勝2敗で4度目の幕内優勝を果たした。
また武蔵丸は同場所で、幕下時代から続く通算連続勝ち越しが51場所となり、
当時の北の湖が持つ50場所を更新する新記録を達成した。

翌5月場所、武蔵丸は通算4回目の綱獲りとなった。
場所前半で平幕力士に2敗を喫して心配されたが、
その後連勝を続けて優勝争いの先頭に立ち、
千秋楽は11勝3敗と1差で追う横綱曙との対戦となる。

その千秋楽結びの一番は、武蔵丸が曙を押し倒して13勝2敗の成績で5度目の幕内優勝を決める。
また大関として2場所連続優勝を果たし、
ついに5月場所後に横綱昇進となった。
連覇を果たしたものの、直近3場所合計34勝
(平成時代の横綱昇進者では最低記録)
の成績や3月場所が3横綱不在だったことに注文が付いたが、
当時通算52場所連続勝ち越し中だった安定感と、
優勝5回の実績を評価された形で昇進が認められた。
なお大関32場所目での横綱昇進は、
琴櫻と並ぶ史上1位タイのスロー昇進だった。
因みに大関在位32場所の間負け越し・角番は一度も経験しなかったが、
これは大相撲史上最長の記録である。
またこの昇進を最後に、2017年(平成29年)1月場所後に昇進を決めた稀勢の里まで、
日本国籍を持つ横綱は2016年(平成28年)まで17年に渡り1人も誕生しない状態が続いていた。

横綱時代

横綱昇進伝達式では
「横綱の名を汚さぬよう心・技・体に精進します」と予定していたところ言い間違えて
「横綱の名を汚さぬよう・・・。ショウジン・タイにいたします」
という不思議な口上を述べてしまうというハプニングが起こった。
横綱昇進披露では、初土俵を踏む前にハワイのタロイモで作った酒を出席者に振舞った。
横綱土俵入りは、師匠の武蔵川親方同様に雲龍型を選択、
土俵入りの指導も武蔵川親方が行った。
しかし武蔵丸の横綱土俵入りは、
せり上がりがかなり不安定で四股の足があまり高く上がらない事もあり、
200kgを超える力士としては今一つ重量感に欠け、決して上手いとは言い切れなかった。

新横綱の1999年7月場所は優勝を逃すも、
千秋楽に曙を破って弟弟子の関脇(当時)
・出島の援護射撃を果たすなどの活躍で12勝3敗の成績をおさめ、
次の9月場所も12勝3敗で横綱として初の幕内優勝を成し遂げた。
そして翌11月場所も千秋楽の11勝3敗同士の相星決戦で
貴乃花を掬い投げで下して12勝3敗で連覇を果たす。
また横綱に昇進した1999年は、武蔵丸にとって初めての年間最多勝を受賞。
但し、当時は他の横綱が不調または休場していた時期であり、
しかも全て12・13勝での低レベルな幕内優勝であった。

2000年(平成12年)1月場所には左尺骨手根伸筋附着部炎のため、
4日目から初土俵以来初めての途中休場となる。
先場所まで継続中だった連続勝ち越し記録がストップとなった。
この頃から故障が目立つようになり、以降左手首の故障に悩まされることになる。
また同年5月場所は、場所直前の稽古中に左膝を捻挫したため、初めて初日から全休となった。
同年9月場所、14日目で武蔵丸一人14戦全勝で5場所ぶり8回目の優勝が決まったが、
千秋楽は横綱曙に敗れて1994年7月場所以来の15戦全勝はならなかった。
結局2000年の優勝はこの一度だけに終わった。

2001年(平成13年)は1月場所と5月場所、貴乃花との優勝決定戦に進出するも、
2回共に敗れて優勝を逃している。
特に同年5月場所、14日目の武双山との一番で巻き落としで敗れた際、
右膝半月板損傷の大怪我を負っていた横綱貴乃花
(その後7場所連続休場、貴乃花の優勝もこれが最後だった)に対し、
千秋楽の本割り結びの一番は突き落としであっさり下すも、
優勝決定戦でも気を遣ったのかまさかの上手投げに横転し優勝を逃した。
のちに武蔵丸は「貴乃花のケガが気になってしまいやりにくかった」とコメントしている。
その後、後援者からは「丸ちゃんは同情してわざと負けてやったんだろ?」などと言われ、
本人はこれについて後年
「本当にショックでショックで、もう相撲を辞めたいと思ったくらいだった」と振り返っている。
その後7月場所からは、貴乃花の長期休場により実質上7場所の間一人横綱の時代が続いた。
同年9月場所は平幕力士に5つも金星を献上(
歴代の横綱で1場所5個もの金星配給は歴代ワースト記録)してしまい9勝6敗と不調だったが、
翌11月場所は13勝2敗で7場所ぶり9回目の優勝となった。
またこの2001年、2年ぶり2度目の年間最多勝を受賞している。
仮に武蔵丸が11月場所も優勝を逃した場合、
優勝が一度も無いままの年間最多勝という大相撲史上初の珍記録となっていた
(この「優勝ゼロで年間最多勝」は15年後の2016年、大関・稀勢の里が達成している)。

2002年(平成14年)1月場所は、左手首の故障再発で途中休場するものの、
同年3月場所・5月場所と2連覇を達成。
7月場所は首痛の影響で終盤崩れて10勝5敗に終わるも、
翌9月場所の千秋楽横綱相星決戦では、
長期休場明けの貴乃花を倒して、13勝2敗で12回目の幕内優勝を果たした。
その優勝のインタビューで武蔵丸は
「今までの優勝の中で一番嬉しい。貴乃花に敗れたままだったので、
これまでは優勝しても心が痛かった。」と笑顔でコメントする。
しかし皮肉にもこの一番が、貴乃花と武蔵丸にとって現役最後の対戦となり、
又二人共に15日間皆勤した最後の場所となってしまった。
同年11月場所中、武蔵丸は持病の左手首の故障が悪化、
靱帯剥離骨折により6日目から途中休場した
(前日の取組では貴ノ浪と対戦し下手投げで敗れていた)。
場所後に手術を決行したものの左手首は結局全快する事はなく、
現役最終盤の頃にはほぼ全ての腱が切れており、
左手の握力が20kgを切るほど重症化していた。

出典:画像、プロフィール:タレントデータバンク ウィキペディア goo

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

【稼げるインターネットビジネス最新情報はこれだ!】 バナー4 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸