バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

5月20日お誕生日の有名人:王貞治様

ノンカテゴリ

5月20日お誕生日の有名人:王貞治様
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

王貞治様 お誕生日おめでとうございます。

王貞治様の今年の運勢は?

王 貞治(おう さだはる、中国語?音:Wang Zh?nzhi、1940年5月20日 )は、
日本生まれ、中華民国籍の元プロ野球選手・監督。
福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長。
日本プロ野球名球会顧問。

レギュラーシーズン通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献。
1977年、初めて国民栄誉賞を受賞した人物であり、
2010年には文化功労者として顕彰された。

概要
一本足打法(世界のフラミンゴ)と呼ばれる独特の打法で通算本塁打数、
当時のシーズン本塁打数の日本記録を打ち立てるなど、
ON砲として並び称された長嶋茂雄とともに、
巨人の「V9」時代の顔として国民的人気を誇った。
王の記録したシーズン公式戦通算本塁打868本は日本プロ野球記録であり、
ハンク・アーロンが保持していた当時のメジャーリーグ
通算本塁打記録の755本塁打を抜いた事で知られるほか、
数々の日本プロ野球記録を保持する。

現役引退後は巨人、ダイエー・ソフトバンクで監督を歴任した。
2008年シーズン終了と同時にソフトバンクの監督を退任し、
同球団取締役最高顧問に就任。
2009年1月1日に取締役会長に昇進。
第1回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の優勝監督であり、
第2回大会では監督相談役、第3回大会では特別顧問を務めた。

現在は福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長、
日本プロ野球組織(NPB)コミッショナー特別顧問、
読売巨人軍OB会前会長、日本プロ野球名球会顧問、
(ハンク・アーロンともに提唱された世界少年野球大会を主催する)
世界少年野球推進財団理事長、外務省より委嘱の野球特別大使、
「ふるさと清掃運動会」実行委員長を務める。

中華民国二等景星勲章授与。
東京都名誉都民、目黒区名誉区民、
福岡市名誉市民、宮崎市名誉市民。

経歴
少年時代

東京府東京市本所区(現・東京都墨田区)で
中華民国籍(現・中国浙江省麗水市青田県)出身。
1922年渡日)の王仕福、日本人(富山県氷見市出身)
の登美(旧姓: 當住)の次男として生まれる。

5月10日に二卵性双生児の弟として出生したが、
戸籍上の出生日は5月20日である。
実際の出生日と戸籍上の出生日が異なる理由は諸説あり、
取り上げられても泣かない程の未熟児であるので
両親が出生届の提出を躊躇したという説と、
家業の中華料理ラーメン店
「五十番」が多忙のため出生届の提出が遅れたなどの説がある。
命名についても、実家近くの寺院の僧侶が名付けたという説や、
母・登美の愛読書の作中人物の名を採用したという説がある。
なお、双子の姉・廣子(ひろこ)は1歳3か月で死亡した。
一方の貞治は「3つの歳まで立つことすらおぼつかず、
四歳でやっと丈夫になれた」と本人が述べている。

太平洋戦争中の一時期、
王一家は母親の旧姓「當住」を名乗っていたこともあったという。
当時は、異国人の子供はいじめられてしまうことが多かったが、
王いわく「自分は中学生の時点で175cm前後あり、実際に肩幅もよかった。
もっと実際の話をすれば、好戦的で喧嘩も強いと認められていた。
だからいじめられなかった」とのことである。

後に師匠となる荒川博との出逢いは、
区立本所中学時代、当時毎日オリオンズの現役選手だった荒川が、
犬の散歩をしている際通りがかった隅田公園今戸グラウンドで
王が出ていた野球の試合を眺めていたというものである。
試合を観ていた荒川は、当時右打ちだった王に対して
「なぜ君は左で投げるのに右で打つんだ?」と質問すると、
王は「それは、オヤジから箸と鉛筆と算盤は右でやれと言われているので、
バットも右で持たないと親父に文句言われると思って…」と答えた。
荒川は「今の野球は左利きの選手に希少価値があるのに、
君はわざわざ右で打つなんてもったいない話だ…」
と言った(荒川自身も左打者だった)。
それを聞いた王はすぐに左打ちを実践したところ、
左中間をライナーで破る二塁打を打ち、以後は左で打つようになった。
荒川はその時の王の印象を
「なんて素直な少年なんだと思った。
普通は大事な試合中に右打ちから左打ちに変えるなんて人に言われたってしない。
それをスパッとやってしまうのはすごい」と語っている。

また、王は早熟した肉体をもっており、
中学生でありながら身長176cmと長身だった。
王の素質を認めた荒川は「君は今何年生だ?」と聞き、
王が「2年生です」と答えたのを受けて、荒川は高校生と勘違いし、
「そうか、じゃあ早稲田大学(荒川の母校)はどうかな?」と勧めた。
すると王が「はい、そうなるといいのですが、その前に高校に行かないと」と答えたため、
荒川は「2年生というのは中学生なのか」と驚いたという。

小学生の頃、当時の横綱・吉葉山から
「相撲取りになりなさい」と勧められるほど相撲が強かった。
そして本所中学校では陸上部と卓球部に在籍したことがある。
野球部にも在籍していたが、
グラウンドが使えなかったために休部同然の状態であった。

父・仕福は自分の出身地が医師と電気が全くなかったことから
長男・鐵城を医師に、二男・貞治を電気技師にして、
兄弟ともに母国に戻り働いてもらいたいと考えていた。
だが第一志望だった進学校の都立墨田川高校に落ち、
荒川の母校である早稲田実業学校高等部商業科に進学することになった。
当時、墨田川高校には硬式野球部がなく、
後に王はこの受験失敗を「人生の大きな分岐点の1つ」と振り返っている。
また、荒川との出会いがなければ、
都立墨田川高校受験失敗後、
野球をやろうと思って早稲田実業高校に行くこともなく、
巨人への入団もなかったと述べている。

早実高等部時代
早実高等部時代は、1年生の時に外野手兼控え投手としてチームの夏の甲子園出場。
2回戦では1年生ながら先発登板を果たしたが、
強豪・県立岐阜商業高校相手に1-8と敗れている。

1年生の秋よりエースとなる。
当初はコントロールが悪かったが、
久保田高行総監督・宮井勝成監督の指導の元、
ノーワインドアップ投法によりそれを克服、投球に安定感が増した。
1957年二度目の甲子園参戦の春の甲子園で準決勝まで3試合連続完封。
4月7日高知商業高校と対戦した決勝戦では、
8回に3点を奪われて4試合連続完封を逃したものの、
5対3で完投勝利し、優勝を果たす。
この試合では、王の左手中指と人差し指のマメがつぶれ、
血染めのボールを投じての完投劇であった。
関東に初めて選抜優勝旗をもたらし、人気を集めた。
2年夏の甲子園では2回戦の寝屋川高校戦で延長11回を完投し、
ノーヒットノーランを達成。
延長戦でのノーヒットノーラン達成は、
甲子園では春夏を通じて唯一の記録である。
後年、王は「高校2年の頃が投手としてピークだったと思う。
この後バッティングは良くなっていったけど、
ピッチングはどことはいえないが、どこかおかしくなっていった」と語っている。

2年生の年、早実は国体の硬式野球高校部門に選出されたが、
王は当時の国籍規定(王は中華民国(台湾)国籍)のため出場できなかった
(なお、現在はこの国籍規定は撤廃されている)。
王は自著「回想」では「生涯最も悔しかったこと」と語っているが、
後年のインタビューでは「高校球児は甲子園こそ目標で、
国体にはそこまでのモチベーションはなかった。
今振り返ってもそういうこともあったな、程度。
甲子園大会でそういう規定があったら
悔やんでも悔やみきれなかっただろうけど」と語っている。

3年生時の選抜大会では打者としても活躍し、
30年ぶりとなる2試合連続本塁打を放った
(当時の甲子園球場はラッキーゾーンはあったが、
高校野球も木製バットを使用していた。
金属バットの使用が認められるのは1974年からである)。
3年生の夏は、東京都大会の決勝戦で明治高校と対戦、
1対1で迎えた延長12回表に4点を奪いながらその裏に5点を奪われて逆転サヨナラ負けを喫し、
5季連続の甲子園出場は果たせなかった。
この時、早実の野球部長の音頭により、
甲子園本大会に向けて大阪に出発する
明治高校ナインを早実野球部員全員で東京駅にて見送った。
もともと王は父の意向もあって大学進学を考えており、
高校2年生の夏にはすでに読売ジャイアンツより誘いがあったが、
大学進学を考えていたため断っている。
王は「もし5季連続出場を果たしていたら野球にけじめをつけて大学にいっていたと思う。
最後に出られなかったことで気持ちが宙ぶらりんになった」と語っている。

プロ野球の各チームが熱心に誘ったが、
特に熱心だったのが王に縁の深い甲子園を本拠地とする大阪タイガース(阪神) であった。
新聞は「王、阪神へ」と大きく報道。
親も高卒選手の多い阪神を薦めていたため、
当初は前述の事情もあってスカウトに参戦していなかった巨人が急きょ
「大学に行くと聞いていたので獲得に乗り出さなかったが、
プロに行くならぜひうちへ」と獲得参戦してきた。
もともと東京で生まれ育った王は「プロに行くなら巨人」と考えており、
気持ちは非常に揺れ動いたという。
しかし、最後は自分の気持ちを貫き、巨人入団を決めた。
兄・鉄城が同意してくれたことも心強かったという。

現役時代

低迷期

1959年に契約金1,800万円、年俸144万円、背番号「1」という
高卒新人としては破格の条件で巨人に入団。
背番号1については、中国語で「王」を「ワン」と発音することから、
英語のoneにかけてつけられたという説や、
南村侑広の引退によって1が空いていたためという説もある。
プロ入りの同期には村山実、板東英二、河村保彦、
江藤愼一、田中俊幸、張本勲、足立光宏らがいる。

当初は投手として入団したが、監督の水原茂に
「王、お前はピッチャーとして大成しない」と野手転向を言い渡され、
レギュラーがいなかった一塁手に転向した。
高校生時代は甲子園優勝投手等と名だたる存在であったが、
プロ入団後は投手としての王は首脳陣や先輩からすれば評価はあまり高くなかった。
一方で、打者としての評価は太鼓判を押されるほどだった。
例として、当時エースの藤田元司は王の印象として、
「甲子園で活躍するなど高校時代に頑張りすぎたのか、
僕が見る限り投手としての王君はくたびれていましたね」と述べている。
また、前年に引退して同年からコーチになった川上哲治は、
「何というか、球筋がやさしいんですね。
"おおっ"っていうのがない。しかしバッティングはすごかった」と語っている。
川上によれば、王のバッティングは構えからスイングまで全く顔が動かず、
新人ながら基本が完成していたという。
当時二軍監督だった千葉茂は練習後に王と入浴した際、
「王の体格には驚いた、非常にいい筋肉をしておる。
ただし、いかり肩で大成した投手はいないだけに、投手としては厳しいだろう」と感じ、
水原に「ピッチャーとしてはあきまへん。でもバッターなら川上の半分は打ちます」と野手起用を進言した。

王自身は「(自分が投手として通用しないことは)薄々感づいてはいた。
だけど、やはり野球をやる者なら誰でも投手に憧れるもので、
『おまえ、明日からは野手だ』と言われた時は正直に言えば寂しかった」と語っているが、
川上の引退直後であり、その後継一塁手としての期待は大きかった。
ライバルはこれも既に峠を過ぎていた与那嶺要くらいで、
その与那嶺もキャンプでの王の打撃練習を見て
「ボク、(一塁のポジション争いではかなわないので)外野手に戻るよ」と言ったという。

オープン戦で5本塁打を放つなど順調にシーズンを迎え、
4月11日に国鉄スワローズとの開幕戦では高卒新人ながら
7番・一塁で先発出場を果たした。
しかし、この試合で金田正一と対戦し、3打席で2三振1四球に終わった。
同結果は長嶋茂雄の初試合4打席連続三振とよく比較される。
これをきっかけにオープン戦と一転して当たりが止まってしまい、
26打席無安打が続き、バットを956グラムから938グラムに軽くしていた。

4月26日後楽園球場での宇野光雄率いる国鉄との6回戦
(ダブルヘッダー第2試合)スコア0対0で迎えた7回表二死、
敵失で出塁した坂崎一彦を一塁に置いて王に第3打席が巡ってきた。
水原は代打策も考えたが、
当時チームは開幕戦こそ金田の前に敗れたが
その後8連勝するなど開幕ダッシュに成功、
国鉄戦もこの日の第1試合を含め4連勝中と余裕があり、
また、走者が得点圏ではなく一塁で、
この日の王の打順は8番で次打者が投手だったため代打を温存したかった事情もあり、
王をそのまま打席に送った。
王は国鉄の村田元一が2ストライク1ボールからの
4球目に投じた内角低めのカーブをすくい上げ、
打球はライトスタンド最前列に落ちた。
守備では伊藤芳明が4安打完封して、試合は巨人が2対0で勝利した。
公式戦初安打が決勝2ランホームラン(出場11試合目)。
これが王の記念すべき1号本塁打となった。

同年6月25日の天覧試合では、
7回に2対4と2点ビハインドの場面で小山正明から4号同点2ランを放った。
これが長嶋茂雄とのONコンビ・アベック本塁打の第1号である。

しかしそれ以外はほとんど目立った活躍もなく、
1年目は打率.161・7本塁打と当初の期待からすれば物足りない結果に終わった。
特に目立ったのが72を数えた三振の多さで(2.7打数に1三振に相当)、
「王は王でも三振王」などと野次られるなど、
後に本塁打王と呼ばれるとは思えない成績だった。
ただし、主力選手でも遠慮していた水原監督の隣の座をいつも占め、
「監督、今の一塁手のプレーにはどういう意味があるのでしょうか?」と堂々と質問したり、
記者から「(不振の)重圧はありませんか?」と尋ねられても、
「別に。使っているのは監督さんですから」と答え、
新人としては異例の姿勢だった。
また、期待はずれの成績にもかかわらず、
2年目の年俸は推定140万円から160万円にアップした。
これは練習の球拾い時に自腹で専用の糸を購入し
丁寧にボールの破れを修繕していたことを球団代表が評価したため。
なお、この球団の評価に感銘した王は、
以後現役引退するまで1度も契約更改でもめることはなかった。
1974年の更改は2年連続三冠王にもかかわらず現状維持であったが、
それでも文句を言わずサインしている。

プロの水に慣れた2年目は打率.270・17本塁打
(このシーズンのチーム最多)と主軸として恥ずかしくない成績を残し、
オールスターゲームにもファン投票選出された。
これは、東京六大学野球の大型一塁手・木次文夫の入団で
危機感を抱いたことも好影響を及ぼしたといわれる。
しかし三振も101個と依然として多かった。

3年目の1961年、川上が水原の後を継いで監督に就任。
川上は王に長嶋に次ぐ中心打者としての活躍を期待したが、
打率.253・13本塁打と2年目より成績を落とし、
期待に応えることはできなかった。
この年中日に入団し、
ルーキーながらエースとして活躍した権藤博は王について
「速球はある程度対応してくるけど、
カーブを投げておけば簡単に空振りして尻餅をついていた。
かわいいもんだと思った」と語っている。
高卒3年目としてはそれなりの成績だったが、
契約金の額や首脳陣の期待からすれば物足りない数字だった。

大きな期待がかかりながら伸び悩む王には、
阪急ブレーブスのエース・米田哲也との交換トレードの話も持ち上がっていた
(結果的に阪急が断ったため、このトレードは行われなかった)。

出典:画像、プロフィール:タレントデータバンク ウィキペディア goo

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

バナー4 電話占いならココナラ 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸